ranking01-3001.gif保険の見直しで節約・・・オズアイ保険ビュッフェ保険クリニックほけんの窓口

ranking01-3001.gifFPが選ぶ保険・・・こどもの教育費用投信ミニ積み立てセゾン投信のカンガルーぽけっと

ranking01-3001.gif自動車保険を安く インズウェブは見積もりでクオカード全プレ!

ranking01-3001.gif美容と健康対策・・・サプリメントお試しセットを上手に利用してアンチエイジング

自動車保険は基本の補償を押さえる

2009年7月 5日 Trackback(0)

自動車保険は各社「特約」を沢山出していますが、数年前から保険金の支払いもれの一つの原因でもあったのがこの特約。あまりに複雑化してきて、本来支払われるべきものが支払われなかった、ということが起こっています。

保険加入の時は「充実補償」としているものの、いざ事故があった時に支払われないのでは全く意味をなさない、保険料の無駄遣いにもなりかねません。そんなの困りますよね!

自動車保険は基本の補償部分をしっかり作っておけば、まずは大丈夫です。特約は本当に必要なものだけにしておきましょう。

基本は「他人のため」の補償の対人賠償保険・対物賠償保険。ここは両方無制限で備えます。(見積もりをしてみるとわかりますが、この部分は保険金額を下げてもそれ程変わらないですし、無制限が安心です。)

そして、「自分のための」補償として、人身傷害補償保険。これは過失割合に関わらず、そして示談交渉を待たずに治療の実費、休業損害などが受けられるもの。補償金額は3000万円~5000万円程度を考えるといいと思います。

車両保険は新車であったり高額のローンを組んでいるような場合にはぜひ入っておきたいですが、数年経っている自動車への車両保険は必要でしょうか。

車両保険に入ってなくても、いざという時に貯蓄がしっかりある方は、車両保険を外すという選択もありです。車両保険は保険料を下げるポイントでもあるのでしっかり見極めてくださいね。インズウェブ自動車保険一括見積りサービス
自動車保険一括見積り請求でもれなく500円マックカードをGET!



関連記事一覧

トラックバックURL

http://fpsyufu.com/mt6/mt-tb.cgi/149

トラックバック大歓迎です。
但し、当ブログへのリンクが存在しない、および関連性の無いトラックバックにつきましては
受け付けかねますので、ご了承ください。

↑ページ先頭へ / トップページへ >>