ranking01-3001.gif保険の見直しで節約・・・保険ビュッフェ保険クリニックほけんの窓口

ranking01-3001.gifFPが選ぶ保険・・・こどもの教育費用投信ミニ積み立てセゾン投信のカンガルーぽけっと

ranking01-3001.gif自動車保険を安く インズウェブは見積もりでクオカード全プレ!

ranking01-3001.gif美容と健康対策・・・サプリメントお試しセットを上手に利用してアンチエイジング

医療費控除は世帯単位で行う

2009年7月 2日 Trackback(0)

医療費の控除は世帯単位で行うことができます。確定申告をする本人、本人と生計を一にする配偶者や親族が1年(1月1日~12月31日まで)の間に医療費を支払った場合に受けられる所得控除。のことです。医療費控除は5年まで遡ることができます。

医療費控除をするためには、領収証の保管が大事です。世帯単位でできるので、家族にも協力してもらい、病院にかかった時には領収証をもらいましょう。

医療費控除は、診療や診療のためにかかった費用であることが前提で、医師が発行した「おむつ使用証明書」のあるおむつ代、通院のための交通費、出産費用なども対象になります。一方で美容目的や病気の予防のための費用は対象外となります。サプリメントなども対象外です。

今からでも遅くないので、ご家族にも領収証の保管を徹底することと、紛失してしまった領収証については、再発行してもらえる場合もあるので(有料もあるので注意)病院に問い合わせをしてみてください。

医療費控除の対象かどうか判断がつきにくい場合は、とりあえず領収証は保管しておきましょう。確定申告するときに税務署などに聞いてみてください。

【参考】・・・国税庁のホームページ

【参考】 ■医療費控除の計算式医療費控除額=(1年間に支払った医療費-保険金等で補填される額)-10万円または所得金額の5%のうち、いずれか少ない金額



関連記事一覧

トラックバックURL

http://fpsyufu.com/mt6/mt-tb.cgi/131

トラックバック大歓迎です。
但し、当ブログへのリンクが存在しない、および関連性の無いトラックバックにつきましては
受け付けかねますので、ご了承ください。

↑ページ先頭へ / トップページへ >>