ranking01-3001.gif保険の見直しで節約・・・オズアイ保険ビュッフェ保険クリニックほけんの窓口

ranking01-3001.gifFPが選ぶ保険・・・こどもの教育費用投信ミニ積み立てセゾン投信のカンガルーぽけっと

ranking01-3001.gif自動車保険を安く インズウェブは見積もりでクオカード全プレ!

ranking01-3001.gif美容と健康対策・・・サプリメントお試しセットを上手に利用してアンチエイジング

収入保障保険と所得保障保険の違い

2009年7月 5日 Trackback(0)
収入保障保険と所得保障保険の違いはどこでしょうか?

収入保障保険は【死亡保障】のように一時的に保険金をもらうのではなくて、契約者の死後に遺族が長期間にわたって分割で受け取る保障です。一方、所得保障保険は病気やケガ等で働けなくなっときの収入ダウンを補うための保険です。

生活費を補うような形の収入保障型の保険は定期保険の一つ。毎月、または毎年一定額を受け取ることの出来る保険です。保険会社にとっても1度に大金を払わなくて済み、財務的な負担が少ないことから、そのコストの安くなった部分を保険料に生かして一般的な定期保険よりも保険料が安いケースが多いようです。

*会社によっては「家族保障保険」とか「生活保障保険」と呼んでいます。

大金を1度に受け取っても扱いが大変そう、という方だったら「死亡保障保険」にこだわらず、毎月受け取れる「収入保障」を選ぶのも1つの方法だと思います。

希望すれば一括でも受け取ることもできますが、年金として受け取った時の総額よりは下がります。

一方で所得保障保険は、病気やケガで働けなくなった時の収入のダウンをカバーするための保険です。保険金の支払い対象は「全く働くことのできない状態」なので、入院の有無は関係ありません。自宅療養も保証対象になります。保険料は職業、職種、年齢、てん補期間が関係してきますが、性別による保険料の違いはありません。

例えば住宅ローンなどを組んでいる方で、「団体信用生命保険」に入ってるからもしもの時はそちらから払うので大丈夫、とお考えの方もいらっしゃるかもしれないのですが、通常の団体信用生命保険で保障されるのは「死亡時」と「高度障害状態時」の時だけです。まさかの就業不能のときのための保険が所得保障保険です。


関連記事一覧

トラックバックURL

http://fpsyufu.com/mt6/mt-tb.cgi/64

トラックバック大歓迎です。
但し、当ブログへのリンクが存在しない、および関連性の無いトラックバックにつきましては
受け付けかねますので、ご了承ください。

↑ページ先頭へ / トップページへ >>