ranking01-3001.gif保険の見直しで節約・・・保険ビュッフェ保険クリニックほけんの窓口

ranking01-3001.gifFPが選ぶ保険・・・こどもの教育費用投信ミニ積み立てセゾン投信のカンガルーぽけっと

ranking01-3001.gif自動車保険を安く インズウェブは見積もりでクオカード全プレ!

ranking01-3001.gif美容と健康対策・・・サプリメントお試しセットを上手に利用してアンチエイジング

自動車保険を安くするポイント

2009年7月 5日 Trackback(0)

自動車保険を安くするポイントをまとめました。 補償を狭くしていけば保険料は安くなりますが、実態に合った保険に加入することと使える割引きは全て使い、ムダな特約は削除すること。

●対人・対物は無制限が安心
●不必要な特約、補償はつけない、もしくは削除する
●重複する補償はつけない
●割引できる項目はしっかりつける
●車両保険は車の古さなどを考慮してつけるかつけないか、考える
●年齢条件、年間走行距離などは毎年チェックをする
(年齢条件の変更で保険料が変わるので必ずチェック)

【必要補償額の目安】

対人・対物賠償 無制限
人身傷害補償 3000万円~(自分や同乗者の入院費用の実費分が示談を待たずにもらえます。これは入っておいたほうがいいです。)
搭乗者傷害保険 0円(人身傷害で入院費などの実費は出るし、医療保険に入っていれば二重にかけていることになるので「0」)もし、搭乗者傷害の保障がはずせない時は最低額の500万円で見積もり。
ABSやエアバック付 5%、10%違ってくるので必ずチェック。
本人限定、家族限定、夫婦限定 運転者が限られている場合
年齢条件 お誕生日などが来て年齢条件に変更はないかチェック。「全年齢」が高く「30歳以上」が安くなる。
運転免許の色 ゴールドが安い
車両保険 貯蓄で備えられるならつけないという選択もあり。
車両保険をつける場合 保険料を安く、ということをメインに考えると、「一般車両」を「エコノミー+A」に変えるだけでもかなりの削減になります。一般車両とエコノミー+Aの違いは【当て逃げ、単独事故】の補償がないところ。

以上が、保険料を安くしながらも補償の重複のない必要補償額のモデルです。自動車保険の見積もりは自動車保険証券、車検証、免許証などを手元に置くと簡単にできます。

年間で数千円から数万円の節約になるかもしれないので、ぜひ見積もりをしてみてください。
インズウェブ自動車保険一括見積りサービス
自動車保険一括見積り請求でもれなく500円マックカードをGET!


関連記事一覧

トラックバックURL

http://fpsyufu.com/mt6/mt-tb.cgi/87

トラックバック大歓迎です。
但し、当ブログへのリンクが存在しない、および関連性の無いトラックバックにつきましては
受け付けかねますので、ご了承ください。

↑ページ先頭へ / トップページへ >>