ranking01-3001.gif保険の見直しで節約・・・オズアイ保険ビュッフェ保険クリニックほけんの窓口

ranking01-3001.gifFPが選ぶ保険・・・こどもの教育費用投信ミニ積み立てセゾン投信のカンガルーぽけっと

ranking01-3001.gif自動車保険を安く インズウェブは見積もりでクオカード全プレ!

ranking01-3001.gif美容と健康対策・・・サプリメントお試しセットを上手に利用してアンチエイジング

外来での高額療養費

2009年7月 5日 Trackback(0)

高額療養費は、健康保険で支払った1ヶ月の医療費が一定額を超えると、その越えた部分を負担してくれる制度。これは「1ヶ月ごとの医療費負担」です。(ここでいう1ヶ月は月初から月末迄。)

また、その他の高額療養費負担軽減措置として、

・同月に同世帯で医療費が21,000円以上の支払いが2件以上あった場合は、これらを合算して自己負担限度額を超えた金額が還付されます。

・一人の場合でも、同月に2つ以上の医療機関を受診して、それぞれ21,000円以上の医療費を支払った場合も同様です。

・同じ患者が同月に、同じ医療機関で支払った自己負担額が自己負担限度額を超えた場合に、その超えた分が還付されます。

尚、同世帯で高額療養費の支給を1年間(直近の12ヵ月)に3回以上受けている場合には、4回目から自己負担限度額がより低額となります。

例えば、Aさんは3人家族でひと月に、Aさんが入院で5万円、妻が3万円、子供が6万円の医療費がかかったとします。

高額療養費を利用するためには、8万100円(所得区分 一般で)を超えないともらえません。それぞれが2万1000円以上であれば、この軽減措置を利用すると家族で「あわせて1本」でもらえます。

このポイントは同じ健康保険証を皆が利用していることです。

時効は2年ですので、まだ請求をしてない方はぜひチェックしてみてください。

患者区分 高額医療費制度における患者負担限度額
年齢 対象 条件 外来のみ
(個人ごと)
(外来+入院)
1~3回目
(外来+入院)
4回目以降
70歳未満 上位所得者 標準報酬月額
53万円以上
15万円+(100万円-50万円)×1%=15万5000円 83、400円
(定額)
一般 8万100円+(100万円-26万7000円)×1%=8万7400円 44、400円
(定額)
低所得者 住民税
非課税世帯
35、400円 24、600円
(定額)
70歳~74歳 現役所得並み 標準報酬月額
28万円以上かつ年収夫婦世帯で520万円以上
または単身世帯で383万円
44、400円
(定額)
8万100円+(100万円-26万7000円)×1%=8万7400円 44、400円
(定額)
一般 24、600円
(定額)
62、100円 44、400円
(定額)
低所得者Ⅱ 住民税非課税 8000円
(定額)
24、600円
(定額)
低所得者Ⅰ 年金収入
80万円以下など
15、000円
(定額)


関連記事一覧

トラックバックURL

http://fpsyufu.com/mt6/mt-tb.cgi/111

トラックバック大歓迎です。
但し、当ブログへのリンクが存在しない、および関連性の無いトラックバックにつきましては
受け付けかねますので、ご了承ください。

↑ページ先頭へ / トップページへ >>