ranking01-3001.gif保険の見直しで節約・・・保険ビュッフェ保険クリニックほけんの窓口

ranking01-3001.gifFPが選ぶ保険・・・こどもの教育費用投信ミニ積み立てセゾン投信のカンガルーぽけっと

ranking01-3001.gif自動車保険を安く インズウェブは見積もりでクオカード全プレ!

ranking01-3001.gif美容と健康対策・・・サプリメントお試しセットを上手に利用してアンチエイジング

フリーランスの保険

2009年7月14日 Trackback(0)

自営業やフリーランスとして働く時の保険を考えてみたいと思います。

自営業やフリーランスは会社員と違って、病気やケガで仕事を休むと即無収入になるリスクがあるので経済的には不安定です。

会社員から自営業や、フリーランスとして働くことになった場合にも保険の見直しが必要です。会社員は傷病手当、付加給付、福利厚生などの面で自営業よりも手厚い保障があります。

したがって、会社を退職してフリーランスとして働く場合には会社員のときと比べて一般的に保険を多くつける必要があります。しかし、保険だけで備えるだけではなう貯蓄もしっかりしておきたいので、コストを抑えた医療保険選びが大事になります。

独身で経済的に支える家族がない場合には、会社員と同様に生命保険への加入はそれほど必要がありません。しかし、入院をした場合には医療費負担に加えて、収入ダウンのリスクもあるので、医療保険はしっかり加入しておくことをおススメします。日額1万円程度を目安にします。

家族や扶養する人がいる方の場合には、死亡保障は会社員よりもしっかりつけておく必要があります。

(万が一の場合に受け取れる公的年金の遺族基礎年金は18歳未満の子供が2人いるケースで124万円7900円。会社員の場合には上乗せで遺族厚生年金ももらえます。)

通販タイプのネクスティア生命の「カチッと医療」が保険料が割安でおススメです。数百円から保障があるのと、特に20代、30代の方の保険料が安いです。

FPによる無料の保険相談などでしっかり見直しをしましょう。ファイナンシャルプランナーが薦める保険とは?

*逆にフリーランスから会社員になった場合には、会社の福利厚生や付加給付などの保障がしっかりしていれば、保険を減らすことも可能です。



関連記事一覧

,

トラックバックURL

http://fpsyufu.com/mt6/mt-tb.cgi/146

トラックバック大歓迎です。
但し、当ブログへのリンクが存在しない、および関連性の無いトラックバックにつきましては
受け付けかねますので、ご了承ください。

↑ページ先頭へ / トップページへ >>