ranking01-3001.gif保険の見直しで節約・・・保険ビュッフェ保険クリニックほけんの窓口

ranking01-3001.gifFPが選ぶ保険・・・こどもの教育費用投信ミニ積み立てセゾン投信のカンガルーぽけっと

ranking01-3001.gif自動車保険を安く インズウェブは見積もりでクオカード全プレ!

ranking01-3001.gif美容と健康対策・・・サプリメントお試しセットを上手に利用してアンチエイジング

離婚時の年金分割

2009年8月 7日 Trackback(0)

熟年夫婦の離婚件数が増加していること等に伴い、専業主婦の離婚後の生活を支えるために、離婚時の年金分割の制度ができました。

平成20年4月からは以下の2つの制度が使えます。

■年金を合意によって分割する制度・・・・合意分割

↑平成19年4月以降の離婚だけが対象となります。上限2分の1まで話し合い、もしくは調停で分割します。(過去に遡る)

■第3号被保険者期間に関する分割制度・・・第3号分割

↑第3号被保険者は自動的に分割されます

分割できるのは厚生年金や共済年金の部分で、最大で2人の取り分が同じになるまで分けることがができます。2007年以降の離婚であれば、既に年金をもらっている方もこれからという方も、離婚して2年が過ぎるまでは請求することができます。

分割できるのは、「結婚していた期間に保険料を支払った厚生年金や共済年金」の分なので、国民年金の部分の分割はできません。結婚期間が短ければもらえる年金は少なくなってしまいます。また、夫婦であれば夫の厚生年金に「加給年金」という加算がつく場合がありますが、離婚すると受け取れなくなります。

また、年金がもらえるようになるのは妻自身の年金がもらえるようになってからで、妻自身が25年以上年金加入をしていなければ1円ももらえませんので注意してください。

参考までに、夫が死亡した場合、夫がもらう厚生年金の4分の3を遺族年金として妻が受け取ることができます。離婚した場合の年金分割の上限は2分の1が上限です。



関連記事一覧

トラックバックURL

http://fpsyufu.com/mt6/mt-tb.cgi/203

トラックバック大歓迎です。
但し、当ブログへのリンクが存在しない、および関連性の無いトラックバックにつきましては
受け付けかねますので、ご了承ください。

↑ページ先頭へ / トップページへ >>