ranking01-3001.gif保険の見直しで節約・・・オズアイ保険ビュッフェ保険クリニックほけんの窓口

ranking01-3001.gifFPが選ぶ保険・・・こどもの教育費用投信ミニ積み立てセゾン投信のカンガルーぽけっと

ranking01-3001.gif自動車保険を安く インズウェブは見積もりでクオカード全プレ!

ranking01-3001.gif美容と健康対策・・・サプリメントお試しセットを上手に利用してアンチエイジング

投資信託は長期投資+分散投資で

2009年8月 3日 Trackback(0)

投資においては「分散」の必要性についてよく言われています。

一度に投資するのではなく時間を分散させる、一度に資金を投入するのではなく少額投資、株と債券はバラバラの値動きをすることが多いので、4資産(日本株、日本債券、外国株、外国債券)を持つことでバランスがとれ安定した動きをします。

投資はいかにリスクをコントロールできるかが大事なので、投資金額、投資タイミング、投資先を分散させるのはリスクを軽減させるために重要とされています。その点でも「投資信託の積み立て」は長期で資産を増やしたい場合に向いている商品といえると思います。

投資信託は約3000本近く販売されています。その中から1,2本を選ぶのはなかなか至難の業だと思いますが、投資信託を選ぶポイントを1万円から始める投資信託 【FP主婦のおいしい節約生活】の中でご紹介していますので参考にしてみてください。 

■投資信託を選ぶポイントは?

usagi_mochitsuki-081117-s.jpg

 ・日本株、外国債券、外国株式のインデックスファンド

・手数料が安いこと

・自分で複数のインデックスファンドを選んで組み合わせるか、1本で日本と外国の株式、債券に投資しているグローバルバランス型のファンドを選ぶかどちらか、の方法があります。

【インデックス型の投資信託を複数選び分散投資する】

日本債券

TOPIXに連動する投信など

日本株式

MMFや個人国債など

外国債券

MSCIコクサイインデックスに連動する投信など

外国株式
シティグループ世界国債インデックスに連動する投信など

それぞれの資産に投資する【インデックスファンド】を複数組み合わせます。それが分散投資をすることになります。投資信託は1万円~というのが多いので、4つの資産に分散するには約4万円が必要です。数年に一度はリバランスをして見直しが必要です。

【1本で上の要素を全て含んでいるグローバルバランス型の投資信託】

グローバルバランス型

日本債券 日本株式
外国債券 外国株式

これ1本で世界の分散投資が可能です。より少額から始められるのが特徴。簡単なのはこちらの投資信託です。

グローバルバランス型で低コストな投信は、

●セゾン投信のセゾンバンガードグローバルバランス型(1口5000円)

●マネックス証券のマネックス資産設計ファンド(育成型)

などがあります。 

カブドットコム証券
三菱UFJフィナンシャル・グループのカブドットコム証券


楽天証券


マネックス証券


関連記事一覧

トラックバックURL

http://fpsyufu.com/mt6/mt-tb.cgi/212

トラックバック大歓迎です。
但し、当ブログへのリンクが存在しない、および関連性の無いトラックバックにつきましては
受け付けかねますので、ご了承ください。

↑ページ先頭へ / トップページへ >>