ranking01-3001.gif保険の見直しで節約・・・保険ビュッフェ保険クリニックほけんの窓口

ranking01-3001.gifFPが選ぶ保険・・・こどもの教育費用投信ミニ積み立てセゾン投信のカンガルーぽけっと

ranking01-3001.gif自動車保険を安く インズウェブは見積もりでクオカード全プレ!

ranking01-3001.gif美容と健康対策・・・サプリメントお試しセットを上手に利用してアンチエイジング

介護や医療保険料が控除対象に(H24~)

2009年8月21日 Trackback(0)

平成24年からは医療保険の保険料が別枠で控除の対象となります。

新制度が適用されるのは平成24年1月1日以降に締結された契約。それ以前の契約については現行の制度が適用になります。

平成24年に発生する所得分から、「介護医療保険料控除」が創設される予定です。対象は、医療や介護の保障の確保を目的とした主契約と特約です。

介護医療保険料控除が創設されると、生命保険関係の控除は3つの制度が存在することになります。(一般の生命保険控除、個人年金保険料控除、介護医療保険料控除の3つ)

現行の控除の最高額である所得税の5万円は最高4万円に引き下げられます。現在は5万円+5万円=10万円の控除の最高額が、4万円+4万円+4万円=12万円の予定です。

住民税にも介護医療保険料控除が適用されますが、住民税の場合は3つとも適用されたとしても、控除の最高額は現行の7万円のままに。各控除ではそれぞれ現行の3万5000円が2万8000円に減額されるので、住民税では控除額が減るケースが多そうです。

【介護護医療保険料控除額】平成24年から医療保険料が控除対象に!

・所得税の控除額

年間払い込み保険料 控除される金額
2万円以下 年間払い込み保険料の金額
2万1円以上~4万円 年間払い込み保険料×1/2+1万円
4万1円以上~8万円 年間払い込み保険料×1/4+2万円
8万1円~ 一律4万円

 

・住民税控除額

年間払い込み保険料 控除される金額
1万2000円以下 年間払い込み保険料の金額
1万2001円~3万円2000円 年間払い込み保険料×1/2+6000円
3万円2001円~5万6000円 年間払い込み保険料×1/4+1万4000円
5万6001円 一律2万8000円


関連記事一覧

,

トラックバックURL

http://fpsyufu.com/mt6/mt-tb.cgi/231

トラックバック大歓迎です。
但し、当ブログへのリンクが存在しない、および関連性の無いトラックバックにつきましては
受け付けかねますので、ご了承ください。

↑ページ先頭へ / トップページへ >>