ranking01-3001.gif保険の見直しで節約・・・オズアイ保険ビュッフェ保険クリニックほけんの窓口

ranking01-3001.gifFPが選ぶ保険・・・こどもの教育費用投信ミニ積み立てセゾン投信のカンガルーぽけっと

ranking01-3001.gif自動車保険を安く インズウェブは見積もりでクオカード全プレ!

ranking01-3001.gif美容と健康対策・・・サプリメントお試しセットを上手に利用してアンチエイジング

投資信託のガイドブック無料進呈

2009年9月 7日 Trackback(0)

DSCF0106-2009.jpg

社団法人投資信託協会では、希望者に投資信託ガイド、REITガイド、マンガで学べる投資信託を3冊まとめて無料進呈してくれます。最初の2冊は今年の8月、マンガで学べる投資信託は昨年に発行された、まだ出版されてから新しいものです。

若い頃に投資信託に投資して元本割れを経験した方は、いまだに投資信託と聞くだけで毛嫌いされる方もいます。年齢的には40代以上の方でしょうか。その当時の投資信託は2年クローズドで4年満期というタイプのものが多く、今の投資信託の期間(殆どのケースで期限なし)と比べても圧倒的に短く、またその時、その時の流行の株とか債券とかに投資するタイプのものが多かったです。

そのため、うまくいけば本当に利益も上がりましたが、逆に期間が短いので挽回できないまま終了することもありました。投資信託は本来、時間分散、資産分散、長期投資でこそ力を発揮するものですが、以前の投資信託は短期間で終了するものが多く苦い思いをされた方もいると思います。

まとまった資金で一度に投資信託を購入していたケースも多かったと思いますが、今は月々5000円程度からの積み立てで、それほど負担がかからない程度の額でのんびりと積み立てて行くタイプが多いです。これが投資信託の本来の姿であると思います。 セゾン投信【長期投資の本命】

20代、30代の方こそ積み立て投資信託のメリットを享受できる世代だと思います。月々の金額は少なくても、10年以上の長期投資ができる方は投資信託を投資先の候補にすることをおススメします。

4資産(日本株、日本債券、海外株、海外債券)を均等に保有した場合のリターンの推移(三井住友銀行)を見ると、1年よりは5年の方が、更に5年より10年の方が年率のリターンがいいことがわかります。

また、リーマンショック後の暴落のあった2008年を入れたデータを見ると、10年ではわずかに元本が割れていましたが、20年という長期で見ると1970年以降のどの時点でも運用成績はプラスになっているという結果になっています。

1万円を20年積み立てた場合、元本は240万円になりますが4資産への分散投資をすると、平均して500万円以上に増えているという結果が出ています。

長期運用をする場合には運用成果のぶれは、短期で運用する場合に比べて小さくなる傾向にあります。また複利の効果で資産価値を増やすことも期待ができます。 このように長期で資産形成をしたい資金において投資信託は有効といえると思います。 

投資信託で教育資金をためる  

社団法人投資信託協会では、希望者に投資信託ガイド、REITガイド、マンガで学べる投資信託を3冊まとめて無料進呈中です。投資信託に興味のある方はぜひ手にとってみてくださいね。 



関連記事一覧

トラックバックURL

http://fpsyufu.com/mt6/mt-tb.cgi/258

トラックバック大歓迎です。
但し、当ブログへのリンクが存在しない、および関連性の無いトラックバックにつきましては
受け付けかねますので、ご了承ください。

↑ページ先頭へ / トップページへ >>