ranking01-3001.gif保険の見直しで節約・・・オズアイ保険ビュッフェ保険クリニックほけんの窓口

ranking01-3001.gifFPが選ぶ保険・・・こどもの教育費用投信ミニ積み立てセゾン投信のカンガルーぽけっと

ranking01-3001.gif自動車保険を安く インズウェブは見積もりでクオカード全プレ!

ranking01-3001.gif美容と健康対策・・・サプリメントお試しセットを上手に利用してアンチエイジング

実損てん補型の保険とは?

2009年10月 3日 Trackback(0)

実損てん補型の保険は、かかった医療費を補填してくれる保険です。

一般的な医療保険では一日いくら、というように定額保障ですが、実損てん補型の保険は、「入院給付金」は同じように定額ですが、「治療費用保険金」が入院でかかった実際の治療費用について支払われるものです。

商品によって異なりますが、「AIUのスーパー上乗せ健保」では100万円を限度にかかった実費を支払ってもらえます。

AIUのスーパー上乗せ健保を例にします。

治療費用保険金にはどのようなものがあるかというと、入院時の健康保険の自己負担分、個室に入った場合の差額ベッド代、食事療養費、先進医療費用、入退院時の交通費、親族の付き添い費、ホームヘルパー雇入費用、親族の託児所預け入れ費用、諸雑費などです。

その他オプションで手術給付金、3大疾病診断給付金もつけることが可能です。入院開始から180日以内が支払限度となっています。

保険期間は10年の更新型で終身保険はありません。

この保険は、高額な先進医療の実費もカバーします。「先進医療費用」は、公的医療保険制度の「評価療養」における先進医療を受けた場合の費用のことです。

先進医療は厚生労働省によって承認された高度な医療技術のことで、2009年10月3日現在99種類の医療技術が提供されています。診察料や検査量などは公的医療保険の対象ですが、技術料が自己負担となります。

ちょっと待って 先進医療特約目的の加入のコラムを見ると、例えば重粒子線治療は300万円以上かかるといわれていますが、平成18年度に重粒子線治療が行われた件数は986件、平成17年の「患者調査」ではがん患者数142万人ということや、全ての先進医療が何百万円もかかるものではないことを考えると、先進医療の実質補填については個人個人がどのように考えるかがカギとなると思います。

保険料そのものは月額100円程度と安いこともあり、こういうものこそ保険で備える意味がある、と一定の評価はできそうです。

厚生労働省 先進医療とは

実損てん補型の保険は、請求する際には領収書をそろえたり、かかった費用を明確にする必要もあり、また補償の内容が細かいので漏れのないように注意が必要です。



関連記事一覧

トラックバックURL

http://fpsyufu.com/mt6/mt-tb.cgi/274

トラックバック大歓迎です。
但し、当ブログへのリンクが存在しない、および関連性の無いトラックバックにつきましては
受け付けかねますので、ご了承ください。

↑ページ先頭へ / トップページへ >>