ranking01-3001.gif保険の見直しで節約・・・保険ビュッフェ保険クリニックほけんの窓口

ranking01-3001.gifFPが選ぶ保険・・・こどもの教育費用投信ミニ積み立てセゾン投信のカンガルーぽけっと

ranking01-3001.gif自動車保険を安く インズウェブは見積もりでクオカード全プレ!

ranking01-3001.gif美容と健康対策・・・サプリメントお試しセットを上手に利用してアンチエイジング

リビングニーズ特約、ナーシングニーズ特約

2011年12月17日 Trackback(0)

リビングニーズ特約は、余命6ヶ月と判断された場合に、生前に保険金を受け取ることができる特約です。通常の死亡保障は、死亡、高度障害になって初めて死亡保険金が受け取れる仕組みです。特約ですが無料です。

また、ソニー生命などでは「ナーシングニーズ特約」というものがあります。

この特約も無料つけられ、公的介護保険で要介護度4又は5に認定されれば死亡保険金の前払い請求をすることができます。

そして、以前こちらのサイトでも書きましたが、「指定代理人請求」による保険金等の請求に関する特約を契約につけている場合に代理で請求ができる、こちらの特約も無料でつけることが可能です。

保険金は、被保険者(保険の対象者)が死亡した時だけに支払われるものではなく、高度障害を負って残念ながら回復の見込みがないときにも、死亡した時と同額の保険金が支払われる契約になっています。(高度障害保険金)

高度傷害保険金を受け取った時点で保険契約は終了となります。

通常、高度障害保険金を請求して保険金を受け取るのは被保険者本人となっていますが、本人と意思疎通が取れない場合に、「指定代理人」が本人の代わりに高度障害保険金を請求することが出来ます。

この「指定代理人」ですが、登録できるのは被保険者と同居または生計を同じくしている戸籍上の配偶者、または3親等内の親族のみとなります。

わりと最近の契約には、最初の段階で指定代理人を登録をしていることが多いのですが、古い契約のなどの場合、登録をしてないケースもあります。満期間近になってくると保険会社から「指定代理人」の登録の届出用紙を送ってきてくれるケースもありますが、この登録をしていないと被保険者の意識がない場合などに生前給付金の請求ができませんので、ぜひ登録をしておきましょう。



関連記事一覧

トラックバックURL

http://fpsyufu.com/mt6/mt-tb.cgi/529

トラックバック大歓迎です。
但し、当ブログへのリンクが存在しない、および関連性の無いトラックバックにつきましては
受け付けかねますので、ご了承ください。

↑ページ先頭へ / トップページへ >>