ranking01-3001.gif保険の見直しで節約・・・オズアイ保険ビュッフェ保険クリニックほけんの窓口

ranking01-3001.gifFPが選ぶ保険・・・こどもの教育費用投信ミニ積み立てセゾン投信のカンガルーぽけっと

ranking01-3001.gif自動車保険を安く インズウェブは見積もりでクオカード全プレ!

ranking01-3001.gif美容と健康対策・・・サプリメントお試しセットを上手に利用してアンチエイジング

がん患者の2割超が働きながら通院

2012年6月18日 Trackback(0)

がん患者の2割超が働きながら通院 gooニュースより

国立がん研究センター(国がん)が13日に発表した外来患者を対象にしたアンケートによると、がん患者の2割超が、フルタイムで働きながら通院していることが分かった。患者が仕事や社会生活で感じている不便さでは、「体調や治療の副作用のために仕事ができない」などの意見があった。

このアンケートは、「がん患者の不便さに関する調査」で、国がん中央病院看護部が実施した。5月25日に中央病院に外来で訪れた患者(1192人)に調査用紙を配布、742人(回収率62.2%)から回答を得た。回答者の年齢構成は、60歳代が34%で最も多く、以下、70歳代(25%)、50歳代(16%)の順だった。

就業状況については、無職が29%でトップである一方、フルタイムで仕事をしている人が23%で2位、続いて主婦(22%)だった。仕事をする上での不便さの具体例としては、「通院で仕事を休まなければならず、迷惑をかける。社会や職場の理解が得られない」「病気のことを会社にどのように伝えたら良いかわからない」などの声が寄せられた。

性別による不便さを聞いたところ、男女ともに「身体を動かすこと」を一番に挙げた。具体例では、「階段昇降が大変である、つらい」「排尿・排便により外出が不便、不安である」「感染が怖いため吊り革がつかめない」などと訴える声があった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ここまで

がんの治療には年間約133万円程度の費用がかかり、月々10万円程度の負担を余技なくされるということです。

がん保険は、現在は通院しながらしっかり治療ができるようにサポートするような保険が人気です。

がんは以前と違って通院治療が増えています。そのため入院はもちろん、入院を伴わない手術や放射線治療、抗がん剤治療など、通院もしっかり保障する保険が求められているようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【FP(ファイナンシャルプランナー)による保険の見直し(無料)が受けられます】

駅の近くや大型スーパーの中などに店舗のある、ほけんの窓口や保険見直し本舗などの相談者が行って相談するタイプの「来店型」のショップは人気です。色々な保険会社の保険商品を取り扱えるので、相談者に合ったいいとこ取りの保険の提案がしてもらえます。

最近は、来店型の保険ショップが沢山展開していて、どこのショップを選べばいいか、そこから保険選びは始まっています。来店型保険ショップを一括比較、相談予約も簡単にできるのが、保険のプロに無料で相談【Lifullほけん相談】【ほけんの相談Ch】

保険相談の内容ももちろん大事ですが、他にもキッズルームの有無だとか、自動車での行きやすさなど、比較が簡単にできるのでお勧めです。

保険のプロに無料で相談【Lifullほけん相談】


FP(ファイナンシャルプランナー)などによる保険の見直し(無料)が全国どこでも受けらるサービスです。色々な保険相談のできるショップがすぐに見つかるとともに、キッズルームの有無なども簡単に確認することができるのでお勧めのサイトです。

【ほけんの相談Ch】

FP(ファイナンシャルプランナー)などによる保険の見直し(無料)が全国どこでも受けられます。来店相談は順次ショップも増えていますので、お近くの保険相談サービスを探してみてください。

お買い物の際などに気軽に立ち寄れる来店型の保険相談ショップは、今は色々なところで見かけるようになりました。

ほけんの相談Chは全国の保険ショップを検索・予約ができるポータルサイトです。色々な保険ショップから、ご自宅や職場に近いところ、行ってみたい保険ショップが簡単に探せるので便利です。

いずれの会社も、無理な勧誘相談等はしません。その旨をホームページ等にも記載していますので安心して相談してみてください。保険料の節約、適切な保障をつけましょう。



関連記事一覧

トラックバックURL

http://fpsyufu.com/mt6/mt-tb.cgi/609

トラックバック大歓迎です。
但し、当ブログへのリンクが存在しない、および関連性の無いトラックバックにつきましては
受け付けかねますので、ご了承ください。

↑ページ先頭へ / トップページへ >>