ranking01-3001.gif保険の見直しで節約・・・オズアイ保険ビュッフェ保険クリニックほけんの窓口

ranking01-3001.gifFPが選ぶ保険・・・こどもの教育費用投信ミニ積み立てセゾン投信のカンガルーぽけっと

ranking01-3001.gif自動車保険を安く インズウェブは見積もりでクオカード全プレ!

ranking01-3001.gif美容と健康対策・・・サプリメントお試しセットを上手に利用してアンチエイジング

相続税、贈与税のセミナーに行ってきました

2013年4月23日 Trackback(0)

先日、母親の付き添いという形で銀行が開催している、相続、贈与税のセミナーにでかけてきました。10人程度の少人数で、どちらかというと贈与税を中心にした、こじんまりとしたセミナーでしたが、なかなか参考になりました。

*平成25年度税制改正大綱などを元に説明を受けましたが、まだ法制化前ということで、実際に適用される場合には今後ないようが変わることもあるのでご注意ください。

相続税について、現行は 5000万円+1000万円×相続人、となっているのですが、

平成27年1月1日からは3000万円+600万円×相続人、となる予定で、例えば妻とこどもが2人の場合だと現行では8000万円ですが、平成27年1月からは4800万円となり、3200万円も下がってしまいます。

そういう中で注目されているのが、贈与税です。

「生前贈与」って聞いたことがある方も多いと思うのですが、これは贈与を受ける人が一人当たり年間110万円までは非課税、誰にあげてもOKというもの。110万円を超えると10%~50%の超過累進課税率が適用されます。

誰にあげてもOK、110万円までは非課税ということで、税務署としては「贈与」は節税目的と捉えているのだそうです。そのため、こちらとしては賢く贈与をする必要があります。

ただただ、110万円を毎年贈与をするだけではダメなのだそうです。ダメというよりは税務署からつつかれないために、贈与の証拠を書面として残すとか、110万円を少し超過して確定申告をしてい税金を少し納める、など。色々工夫が必要なんですね。

お孫さんがいるご家庭では、お孫さんへの教育資金の贈与が非課税に(1500万円まで)

祖父母などから孫への教育費の贈与は、受像者一人について1500万円まで(塾や予備校の学校などは500万円まで)の金額について非課税になる予定なので、援助がしやすくしかも税金もかからず一括贈与がしやすくなります。

お子様の数が多いとか、お孫さんがいるなどで、お金を遺したい方が多い方はいいと思うのですが、孫がいないなど相続人が限られている場合や、もともとの資産や相続などが既に行われていて、かなりの資産がある場合などは本当に早く対策をしないと、税金でごっそりともって行かれてしまいます。

母も人間ドックの検査が全部よかったということで、見た目はそこそこ^^、体も元気でまだまだ長生きしてもらわなければ困るのですが、ある程度の年齢になってきたら、やはり相続や贈与の話はお互いしたほうがいいですね。

こういう税金のセミナーがあると、第三者が入るので話がしやすいし、税理士さんなどが質疑応答をしてくれるケースもあります。セミナーに参加するには、その銀行の口座がなくてはいけないケースもあるようですが、専門家が教えてくださるので機会があればぜひ活用していただきたいと思います。

110万円の枠を利用した贈与税対策の保険などもあるので、色々な方向から対策をしていきたいと思います。

保険比較サイトは色々ありますが、保険のビュッフェはサービス、アドバイザーの質の点で一押しです。

保険のビュッフェ

保険のビュッフェ

保険のビュッフェ 保険相談で3000円分のギフト券が全プレ!

無料で保険相談を利用して、保険選びに役立てる方が増えています。相談者はファイナンシャルプランナーの資格を持っている方が多いのですが、必ずしも全員が持っているということではないのですが、保険のビュッフェのアドバイザーはFP資格を全員取得、FPのプロフェッショナル基準でもあるMDRT保有者が相談に乗ってくれます。

他社で相談された方もぜひチェックしてみてください。

保険のビュッフェは47都道府県(離島を除く)カバーする「訪問型」の保険相談ができます。

無料保険相談は大変人気で増えていますが、こちらの保険のビュッフェの特徴は、ファイナンシャルプランナーの平均経験年数が7.4年と非常に長いこと、そしてMDRTという世界的に評価の高い資格を3人に1人が取得しているのもポイントです。

MDRTは世界78の国と地域、約36,000名(2011年8月現在)の会員を有する、卓越した生命保険と金融サービスの専門家による国際的かつ独立した組織です。

世界中の生命保険・金融サービス専門職の毎年トップクラスのメンバーで構成され、そのメンバーは相互研鑽と社会貢献を活動の柱とし、ホール・パーソン(バランスのとれた人格を志向すること)を目指し、努力しています。

またMDRT会員は卓越した商品知識をもち、厳しい倫理基準を満たし、優れた顧客サービスを提供しています。ビジネスと地域社会のリーダーとして、生命保険と金融サービスの専門家として世界中で認知されています。

FP資格はもちろん、FPのプロフェッショナル基準でもあるMDRT保有者が相談に乗ってくれる、専門的なプロの保険相談ができるのが保険のビュッフェです。

特定の保険会社に属していない独立系のファイナンシャルプランナーなので、色々な会社の保険の提案をそれぞれのライフスタイルに合わせてオーダーメイドで作ってもらえます。

値段を重視するのか、保障重視か、会社のブランドを重視するのか、そういったものを沢山の中から比較して示してもらえるというのは、独立系ならです。家族構成や収入、貯金、会社の福利厚生、共働きか・・・など。色々なライフスタイルに対応できるのが独立系のFPがおススメできる点です。

同じ保障であるならば、保険料負担は少なく、リスクはしっかりカバー。

少ない保険料負担で、いかに色々なリスクを乗り越える知恵を出してくれるかが一流のFPだと思っています。

今まで一度も見直しをしたことがない方、保険料が高い、保障内容に不安のある方はぜひチェックしてみてください。保険相談は一切お金はかかりません。保険のビュッフェでは、保険相談をするだけで全員にギフト券が全プレです。ぜひチェックしてみてください。

保険のビュッフェ


関連記事一覧

トラックバックURL

http://fpsyufu.com/mt6/mt-tb.cgi/655

トラックバック大歓迎です。
但し、当ブログへのリンクが存在しない、および関連性の無いトラックバックにつきましては
受け付けかねますので、ご了承ください。

↑ページ先頭へ / トップページへ >>