ranking01-3001.gif保険の見直しで節約・・・保険マンモス究極の見直し保険キューイング保険見直し本舗ほけんの窓口

ranking01-3001.gif電話で簡単に保険の見直しをしたい方・・・保険相談.com    AIGエジソン生命の収入保障保険

ranking01-3001.gif自動車保険を安く インズウェブは見積もりでクオカード全プレ!アクサダイレクトは最大5500円の割引き!

独身の方の保険

2009年8月 3日 Comment(0) Trackback(0)

■独身の方の保険選びのポイント

aerobics-090127-s.jpg

・高額な死亡保障は必要なし(お葬式代+α500万円程度)

・病気に備えて医療保障を検討する(サラリーマンや公務員は自分の会社からの保障も調べておく)

独身の方は扶養する家族もないので大きな死亡保険を用意する必要がありません。若い時期の独身の方の場合は、お葬式代+αで死亡保険は500万円前後を目安にかんがえてみてはいかがでしょう。

また、独身で働き続けている方も、基本的には扶養する人がいない限りはお葬式+αが目安になりますが、親に仕送りをしている場合などは、仕送りの金額×年数を死亡保険金として上乗せして確保しておかれてはいかがでしょうか。

独身の方が保険で重要なのは、死亡保険よりも医療保険です。公的医療保険制度には「高額療養費制度」があるので、医療費が100万円かかったとしても実際の自己負担額は月額8万円程度が上限となっています。(差額ベッド代や食事代は含まず)

サラリーマンや公務員の方は付加給付、傷病手当金や福利厚生で更に給付があるところが多いので、民間の保険で準備するのは日額5000円~1万円程度の保障で一般的な治療に関してはカバーできると思います。

自営業やフリーランスの方は、サラリーマンのような付加給付や長期の療養で受け取れる傷病手当などがないので、この点ではしっかり保険でカバーする必要があります。入院日額1万円程度が目安になると思います。

 「1年組み立て保険」は、主契約の「遺族保障」に特約の「入院保障」「ガン保障」「月給保障」を自由に組み合わせることができ、1年更新なので毎年でも保障の見直しが可能です。


ムダなく節約する保険、DIY生命



TREview
TREview『保険』ブログランキングに参加しています。1日1クリックで応援していただけるととても嬉しいです。励みにしていますのでよろしくお願いいたします。^^
bnr.gif

ブログ王ランキングに参加しています。1日1クリックで応援してください。よろしくお願いいたします。

関連記事一覧

,

トラックバックURL

http://fpsyufu.com/mt/mt-tb.cgi/182

トラックバック大歓迎です。
但し、当ブログへのリンクが存在しない、および関連性の無いトラックバックにつきましては
受け付けかねますので、ご了承ください。

コメントする


↑ページ先頭へ / トップページへ >>