ブログ: FP主婦の保険の節約と見直し(保険選び、保険ショップの活用方法、医療費節約) でタグ: 保険料の節約 が指定されているエントリー

禁煙して保険料を節約

2010年10月よりタバコの値上げが実施されました。 これを機会に禁煙を始めた方もいらっしゃると思います。今回の値上げは1箱あたり約100円ということで、毎日タバコを吸う方は年間4万円近く出費が増えることになります。これは本当に大きい出費ですよね。 保険でも、タバコを吸わない「非喫煙者割引き」などが適用される場合、保険料は喫煙者よりは安くなります。非喫煙者や健康な人は保険会社から見て、保険金を支払うリスクが減ることからその分保険料を割引きするというものです。 ちなみにこの割引きを受けるためには、告知、もしくは医師の審査の他に、ニコチン検査や唾液検査を行って過去1,2年に喫煙したかどうかの検査が必要となります。(保険会社によって条件が違います) この検査をパスすることで保険料が安くなります。この非喫煙者割引きの割引率は保険会社や保険商品によってかなり違いがありますので、比較してみるといいと思います。 禁煙はたばこ代だけではなく保険料の節約にも効果がありますので、ぜひ挑戦していただきたいな、と思います。健康のためにもこのタバコの値上げはいい機会だと思います。^^   禁煙セラピー また、楽天カードを作り、1回カードを利用するだけで5000円分のポイントがもらえます。(ポイントはキャンペーンによって変わりますので、サイトをチェックしてください)  年会費無料の使いやすいカードです。カードを作ってもらえるポイントで5000円分のお買い物が楽天でできます。 海外旅行保険 ネット不正利用保障制度 盗難保険・サポート保険 ETCカード無料 カード利用お知らせメール業界初 商品未着補償制度(楽天市場内のみ)業界初 ここまで補償やキャンペーンが充実しているカードはなかなかないので、チェックしてみてください。  楽天カード ★ポイント5倍★次回クーポン付楽天ランキング常連のゼロシガレット 日本製フレーバー使用テレ... 価格:3,900円(税込、送料込)★ポイント5倍★次回クーポン付楽天ランキング常連のゼロシガレット 日本製フレーバー使用テレ......

Posted at 10/10/02 Trackback(0)»

今すぐできる保険の節約

簡単にできる保険料の節約方法をご紹介します。 クレジットカードで支払う⇒クレジットカードのポイントが貯まる! 今現在多くの保険会社の支払いがクレジットカードで決済できるようになっています。クレジットカードで支払うことで、そのクレジットカードを使ってお買い物をするのと同じポイントがつくことになりますのでお得です。 例えば、楽天カード は、100円につき1ポイント(1ポイント=1円)がつきますので、1ヶ月の保険料が1万円の場合は1ヶ月に100円、年間1200円分のポイントが貯まります。保険の支払いは何年にも続きますので、小さいことですが支払い方法を変えるだけなのでぜひおススメしたい方法です。 各保険会社によって取り扱いカードが決まっていたり、1回の支払い額が10万円の超えたら対象外、という場合があるようです。ウェブサイト等でご確認下さい。 楽天カード 保険料を月払いから年払いにするだけで安くなる! 保険料を月払いから年払いにすることで、保険料が安くなるというのは当サイトでも何回かご紹介しています。割引率は保険会社によって違いますが、まとめて支払うことでトータルの保険料は安くなります。 某生命保険会社の収入保障保険を例に挙げますと、 男性40歳、保険料支払い60歳まで、年金額15万円 ・月払い・・・5,685円(1年間の支払いは68,220円) ・年払い・・・66,780円 差額は年間1,440円 20年で28,800円の得! もし、まとめて支払うことがそれ程大変でない方は、ボーナス払いなどで一括して払う方が半年払い、年払いで保険料を比較してみて下さい。 優良体割引き、非喫煙割引きを使う タバコを吸わない方、BMI、血圧や尿検査で基準を満たしている方は保険料が安くなることがあります。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ FP(ファイナンシャルプランナー)による保険の見直し(無料)が全国どこでも受けられます。来店相談は順次ショップも増えていますので、お近くの保険相談サービスを探してみてください。ご自宅でじっくり保険相談を受けたい方は訪問型がおススメ。 駅の近くや大型スーパーの中などに店舗のある、ほけんの窓口や保険見直し本舗などの相談者が行って相談するタイプの「来店型」のショップは人気です。色々な保険会社の保険商品を取り扱えるので、相談者に合ったいいとこ取りの保険の提案がしてもらえます。 最近は、来店型の保険ショップが沢山展開していて、どこのショップを選べばいいか、そこから保険選びは始まっています。来店型保険ショップを一括比較、相談予約も簡単にできるのが、保険のプロに無料で相談【LIFULL保険相談】や【ほけんの相談Ch】。 保険相談の内容ももちろん大事ですが、他にもキッズルームの有無だとか、自動車での行きやすさなど、比較が簡単にできるのでお勧めです。 保険のプロに無料で相談【LIFULL保険相談】FP(ファイナンシャルプランナー)などによる保険の見直し(無料)が全国どこでも受けらるサービスです。色々な保険相談のできるショップがすぐに見つかるとともに、キッズルームの有無なども簡単に確認することができるのでお勧めのサイトです。 【ほけんの相談Ch】 FP(ファイナンシャルプランナー)などによる保険の見直し(無料)が全国どこでも受けられます。来店相談は順次ショップも増えていますので、お近くの保険相談サービスを探してみてください。 お買い物の際などに気軽に立ち寄れる来店型の保険相談ショップは、今は色々なところで見かけるようになりました。 ほけんの相談Chは全国の保険ショップを検索・予約ができるポータルサイトです。色々な保険ショップから、ご自宅や職場に近いところ、行ってみたい保険ショップが簡単に探せるので便利です。いずれの会社も、無理な勧誘相談等はしません。その旨をホームページ等にも記載していますので安心して相談してみてください。保険料の節約、適切な保障をつけましょう。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【来店型で相談できる保険サービス】 来店型保険ショップ 【ほけん百花】・・・2015年度のオリコン顧客満足度ナンバー1(来店型保険ショップ部門)。数ある来店型の保険ショップの中で、顧客満足度第一位です。新店舗も続々とオープンしています。 保険クリニック・・・全国に展開しています。独自の『保険IQシステム』で加入している保険商品を分析し、理解するところから始まり、複数社の保険商品の中からシステムが希望にあった保険商品を、視覚的に選び比べることまで出来るシステムです。 「ほけんの窓口」・・・赤い看板でもおなじみの「ほけんの窓口」ほけんの窓口。いち早く「生命保険・損害保険どちらも取扱う総合保険ショップ」を全国に展開しています。店舗は北海道から沖縄まで日本最大級。保険加入後のアフターフォローも全店で連携。転勤や引越しの場合にも充実したサービスを提供しています。 【訪問型で相談できる保険サービス】 訪問型無料保険相談は「保険のビュッフェ」・・・相談者の希望する場所で保険相談ができる訪問型の「保険のビュッフェ」。管理人はこちらを利用しました。子育て中などでなかなか外出が難しい方、ゆっくり話が聞きたい方には訪問型の保険相談はお勧め。 「保険のビュッフェ」の特徴は・・・・1.全国対応(離島をのぞく、47都道府県をほぼカバー)・.FPの質が高い!(平均経験年数7.4年、平均相談実績数1,126件、FPへのクレームゼロ)・.相談までのオペレーションがスピーディ 無料の保険サービスは数ありますが、必ずしもFP(ファイナンシャルプランナー)が担当してくれる場合ばかりではありませんが、こちらはFPが必ず担当してくれます。 全国対応!「あなたのFP」無料保険見直し相談・・・「あなたのFP」では、生命保険見直しのプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)を無料で紹介しています。...

Posted at 10/09/27 Trackback(0)»

まとめて払うだけで節約に

毎月必ず支払うものには、例えばNHKの受信料、生命保険に加入している方だったら生命保険料、自営業や個人事業主の方の国民年金保険料などがあると思います。 これらの料金ですが、まとめ払いをしたり、早く払うことで割引きになりますのでお得です。まとめて払う方が支払い忘れ、保険の場合だったら、「うっかり失効」なんてことも防げるので、できるのであれば1年分、あるいは半年分をまとめて払う方が料金的にお得です。 例えばNHKの受信料は、 ・2ヶ月契約で2690円→1年で16140円 ・6ヶ月契約7650円→1年で15300円 ・1年契約で14910円 となります。2ヶ月契約と1年契約では年間で1230円も違います。 NHKの家族割り また、国民年金保険料もまとめ払い、かつ口座振替がお得です。 平成21年度分の保険料14460円を月々支払うと、17万5920円になりますが。 これを口座振替&前納すると17万2230円となり、3600円の割引きとなります。大きいですねよね。 また、まとめ払いはちょっと大変という方にも【早割り】制度があります。 口座振替にすると、通常は当月の保険料は来月引き落としなのですが、当月末に口座振替の引き落としをすることで50円の割引きとなります。まとめ払いではなくても割引きが受けられますので、ぜひ参考にしてみてください。 国民年金前納制度割引きについて。 生命保険料や損害保険料についてもまとめ払いがお得です。もし支払えるのであればまとめ払いにしてしまいましょう。...

Posted at 10/01/18 Trackback(0)»

保険市場で一括比較をする

生命保険、医療保険、がん保険などを一括比較をしたいときには「保険市場」がおススメです。 生命保険や医療保険などにチェックをいれ、年齢と性別を選択すると保険料の安い順にランキング形式で表示されます。一括比較ができるのでどこの保険会社のどの保険が安いか一目瞭然です。 人気保険ランキングもあるのでそちらを参考にすることもできると思います。 大手国内生保の主力商品は様々な特約を組み合わせたセット商品を勧められることが多いと思いますが、自分である程度比較検討して、安い生命保険に加入したい場合はネット専業の生命保険は外せません。不要な保障や特約を購入することがないので保険料は割安です。 「保険市場」で一括比較しよう!    ...

Posted at 09/09/07 Trackback(0)»

クレジットカードで保険料を払ってポイントためる

生命保険などの保険料の支払い方法には、通常口座振替とクレジットカード払いがあります。口座振替でもクレジットカードを選んでも保険料に変わりはありませんが、でも、クレジットカード払いのほうが色々利点があります。【新しく契約する場合】■口座振替より、クレジットカードでの支払いをしたほうが保障が早く始まる。・口座振替の場合・・・第1回保険料の振替日から保険が開始・クレジットカードの場合・・・保険会社がクレジットカードの有効性などの確認をした時、または【告知】のいずれか遅い時より保障が開始される。保険契約は申し込みから責任開始日までタイムラグがあるのですが、クレジットカードのほうがそれが短くなります。口座振替の場合は早くても申し込み日の翌月末(アリコの場合には27日)になり、クレジットカードの場合には、例えば決済日が10日のクレジットカードを指定した場合、その時点で有効性が確認されれば10日から保障が開始になります。保険証券に記載される契約日は翌月の1日からですが、保障はクレジットカードの有効性が確認された日から始まることになります。口座振替の場合には月末に保険料の引き落としが確認されてから、ということになりますのでこのケースの場合約2週間ほどは保障が早まるということになります。■簡単手続き・口座振替・・・金融機関届け印押印→銀行が確認してから・クレジットカード・・・クレジットカードの番号と自筆によるサインのみでOK。口座振替の場合、印鑑が不一致だったり上手く押印できておらず銀行から返送されてしまうケースも考えられますがクレジットカードではその心配はありません。【新しく加入する方も、今まで口座振替だった方にも】クレジットカード払いではポイントが貯まるカード会社がありますよね。カードの利用額に応じてポイントが付与されます。毎月、毎年のことですから確実なポイント源になります。 保険料をクレジットカード払いにするとカード会社のポイントやマイルがたまるので、ただ銀行から引き落としになるのと比べてお得です。保険料以外でも、電気料金やガス料金などの公共料金の支払いなどもクレジットカードを使うことで、ポイントがたまるのでこちらもカード払いにした方が得になります。 ネットでのお買い物も公共料金のお支払も楽天カード!...

Posted at 09/07/26 Trackback(0)»

病気になると医療費はどの位かかる?

病気になると医療費は実際、どの位かかるのでしょうか? 全日本病院協会のホームページによると、胃がんで在院日数28.5日、医療費は約121万円、急性心筋梗塞で在院日数19.4日、医療費は約217万円ということです。入院日数は思ったより短く、医療費は高いけど、この位か~、という感じでしょうか。 でも、私たちは何らかの健康保険に加入しているので、上の金額を丸々負担する必要はありません。実際に負担をするのは3割。胃がんで36万円、急性心筋梗塞で約65万円です。 更に、公的医療保険には「高額療養費制度」があるので、1ヶ月の自己負担額が一定額を超えると、越えた部分自己負担額は1%でOKです。所得区分が「一般」の方で80、100円です。例えば1ヶ月に医療費がかかったとしても、「一般」の人の自己負担額は8万7430円です。 【参考・・・入院したら限度額適用認定証をもらおう】 【参考・・・高額療養費の計算式】 また、健康保険組合や共済組合に加入している場合、「付加給付」といった1ヶ月あたりの自己負担金を上限2万円とか3万円としているところがあります。1ヶ月の間に医療費の自己負担が所定の金額を超えた場合、後日超えた分が戻ってきます。 付加給付が充実している健保組合や共済組合などの場合、医療費がどんなにかかったとしても最終的な支払いは上限が2万円とか3万円でOKです。その他差額ベッド代や食事代についても独自の基準を設けている場合があるので、健保のしおりなどで必ず調べておきましょう♪確実に保険料の節約になりますよ。 医療費以外にかかるのが、差額ベッド代や食費(1日780円)、雑貨代などです。一番大きいのは差額ベッド代ですが、これは本来自ら希望した場合にのみ請求されるものです。治療上の必要から個室に移されたような場合には支払う必要がありません。 【参考・・・差額ベッド代が無料になるケース】 【主な疾患で必要な入院期間と医療費】 疾患名 在院日数 医療費 (×10円) 1日当医療費 (×10円) 胃ガン 28.5 121,353 4,259 結腸ガン 29.2 117,880 4,035 肺ガン 35 110,256 3,153 急性心筋梗塞 19.4 217,814 11,220 肺炎 19.4 53,047 2,736 喘息 10 29,893...

Posted at 09/07/25 Trackback(0)»

保険料の節約ってどの位できるの?

保険料の見直しで、保険料の節約が可能というけれど一体どの位安くなるのでしょう。 ある保険相談サイトの例では35歳の男性で、全く同じ条件の保険を1社だけでかけていたものを、複数社で組み合わせることによって、毎月1万円の節約が可能にしています。 保険の満期は65歳なので、年間12万円×30年間=360万円の節約になりました。 保険の必要性は年齢が高くなるにつれて段々少なくなってくる、ということがあります。これは、お子様が小さなうちはもしものことがあれば、保障内容は厚く入っておかなければなりませんが、お子様が独立した場合など、金銭的な負担がなくなるにつれて必要補償額は下げても問題がなくなります。 必要補償額を段々に下げていく見直しの仕方はとても理にかなっているので、保険の見直しにはよく使われる方法です。 保険料の支払いがきつくないので、特に見直しもせず保険料を払い続けている方もいらっしゃると思うのですが、ぜひ時々は保険証券を取り出して見てみてください。 保険は長期で支払っていくことが多いので、数千円の削減でもトータルで見ると数百万円の違いとなります。 保険の支払いがきつい方もそうでない方も、ぜひ今一度ご自分の保険をチェックしてみてください。 【おススメの保険の見直しサイト】 FP(ファイナンシャルプランナー)による保険の見直し(無料)が受けられます。来店相談は順次ショップも増えていますので、お近くの保険相談サービスを探してみてください。ご自宅でじっくり保険相談を受けたい方は訪問型がおススメ。 駅の近くや大型スーパーの中などに店舗のある、ほけんの窓口や保険見直し本舗などの相談者が行って相談するタイプの「来店型」のショップは人気です。色々な保険会社の保険商品を取り扱えるので、相談者に合ったいいとこ取りの保険の提案がしてもらえます。 最近は、来店型の保険ショップが沢山展開していて、どこのショップを選べばいいか、そこから保険選びは始まっています。来店型保険ショップを一括比較、相談予約も簡単にできるのが、保険のプロに無料で相談【LIFULL保険相談】や【ほけんの相談Ch】。 保険相談の内容ももちろん大事ですが、他にもキッズルームの有無だとか、自動車での行きやすさなど、比較が簡単にできるのでお勧めです。 保険のプロに無料で相談【LIFULL保険相談】FP(ファイナンシャルプランナー)などによる保険の見直し(無料)が全国どこでも受けらるサービスです。色々な保険相談のできるショップがすぐに見つかるとともに、キッズルームの有無なども簡単に確認することができるのでお勧めのサイトです。 【ほけんの相談Ch】 FP(ファイナンシャルプランナー)などによる保険の見直し(無料)が全国どこでも受けられます。来店相談は順次ショップも増えていますので、お近くの保険相談サービスを探してみてください。 お買い物の際などに気軽に立ち寄れる来店型の保険相談ショップは、今は色々なところで見かけるようになりました。 ほけんの相談Chは全国の保険ショップを検索・予約ができるポータルサイトです。色々な保険ショップから、ご自宅や職場に近いところ、行ってみたい保険ショップが簡単に探せるので便利です。いずれの会社も、無理な勧誘相談等はしません。その旨をホームページ等にも記載していますので安心して相談してみてください。保険料の節約、適切な保障をつけましょう。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【来店型で相談できる保険サービス】 来店型保険ショップ 【ほけん百花】・・・2015年度のオリコン顧客満足度ナンバー1(来店型保険ショップ部門)。数ある来店型の保険ショップの中で、顧客満足度第一位です。新店舗も続々とオープンしています。...

Posted at 09/07/19 Trackback(0)»

生協の「助け合いの会」とは?

生協の「助け合いの会」の存在をご存知でしょうか? 全部の生協で実施されているのかはわかりませんが、「助け合いの会」は組合員同士が助け合いをするというものです。組合員の方でしたらどなたでも利用でき、高齢者の方の家事援助や子育て支援をします。登録をしておけば、組合員であれば助ける方も、助けられる方もどちらの立場でも利用することができます。利用料はかなり良心的で、1時間600円とか700円位です。入院中の家族のサポートや、退院した後などにも利用できそうです。 近所に親や親戚がいれば、それはそれで安心ですが、生協の組合員の方でしたら、一度は目を通しておかれることをおススメします。割安な利用料は何といっても生協の「お互い様、助け合い」精神だと思うので、できる時は奉仕者として、助けて欲しい時には割安な料金で使わせてもらうといいと思います。 生協の宅配。関東圏内473万世帯が利用! 生協の宅配パルシステム 【参考】・・・・ みやぎ生協 コープ助け合いの会...

Posted at 09/07/13 Trackback(0)»

しっかり保険の見直しをしたい方【訪問型】

保険の見直しはしたいけど、とりあえず自分の保険はどんなものだろう?と簡単に保険の見直しができればいいな、と思っている方は多いと思います。 FPの保険の見直しには、こちらから相談に出向く来店型と自宅や指定の場所にFPから来てもらう訪問型があります。 保険相談で人気はスーパーなどの店舗に入っている保険相談ショップで、相談者がこちらから行って相談するタイプです。お買い物ついでに利用できますし、オープンスペースなので、気軽にでもしっかり相談ができるのが店舗に出かけて相談はお勧めです。旅行会社の代理店のような感じで自由に利用できるスペースです。更に、最近ではキッズスペースをが完備している会社もあるので、お子様連れでも安心です。また、お近くに保険相談の店舗がない場合や、なかなか自宅をあけられない、自宅でゆっくりと話をしたい方などは訪問型がいいかもしれません。 面談型による保険相談のメリットは、自宅や指定の場所でじっくり相談ができることだと思います。 キッズルームを完備しているショップもありますが、自宅でのご相談を希望される方も多いので、話をしやすい環境を選ばれるといいと思います。お金や保険の話をショップ等の店頭でするのはちょっと・・・・という方には訪問型はお勧めです。 各保険の見直しサイトでは、無理な勧誘はしないということをサイトにしっかり記載している会社ばかりです。また、FPを変更することも可能ですので心配しないで保険の見直し相談をしてください。メリットの方が多いと思います。ご自分が不安に感じていることや疑問に感じていることを遠慮なく質問してみましょう。 FPから資料を提示してもらいながらやり取りができるので、じっくり見直し、検討をするには対面式の方がおススメです 。 【FPと保険無料相談する方法】 お買い物のついでに相談 自宅や指定場所で訪問相談 店舗に出かけて相談 訪問相談 FPによる保険相談は「無理な勧誘をしない」というのは相談者からしたら絶対的な条件ですが、この点はいずれのサイトでも「無理な勧誘はしない」と記載されていますし、万が一相談者が不愉快な思いをしたケースなどは、担当者を変更することもできますし、保険相談そのものを途中でストップすることができます。 店舗に出かけての相談、そして面談式の保険相談、どちらでも利用しやすい方を選ばれるといいと思います。 資料を提示してもらいながらの相談方法の方が、より相談者も理解しやすいと思いますので一番効果的なのは、店舗に出かけての相談店舗に出かけてそちらでの相談か、自宅や指定の場所で面談式の保険相談がおススメです。 よりじっくり見直すには店舗に出かけてそちらでの相談、面談式の保険相談のいずれかが効果的だと思います。 何しろ「保険は家の次に高い買い物」、とも言われるように保険が家計で占める割合はとても大きく、しかも長期にわたって保険料を支払うことが多いので、きっかけはどうであれ保険の見直しをしてくれるファイナンシャルプランナーの存在は大きいと思います。 新しくがん保険に入りたい場合や、数多くある医療保険を自分一人で判断するのはとても大変です。FPを上手に利用しましょう。 【保険に関するこんな悩み】○「今入っている保険料が高い」○「子供が生まれたので保険を見直したい」○「加入中の保険の更新時期が迫ってきたので相談したい」○「まだ保険に入っていないが、これから保険に入りたい」○「保険会社の営業員から勧められたまま保険に入った」このように感じている方はファイナンシャルプランナーによる無料の保険相談がおススメです。FPと実際に面談して相談する流れはこちら。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【実際に保険相談をしました】 保険のビュッフェという無料保険相談サイトのFPさんに、先日保険相談に乗っていただきました。保険のビュッフェで必要事項を入力後、上のようなはがきやメールで最終的な日時のお知らせが届き、その後、担当のFPさんからの連絡が入り、簡単な保険内容などのヒアリングがあって、当日を迎えます。これまで、電話相談や来店型相談は利用したことはあるのですが、自宅に訪問していただくということもあり、気軽さはありませんが、保険相談に関する充実度や安心感は一番高いような気がしました。 個別の事情に応じてしっかり相談をしてくれるので、真剣に保険相談、保険見直し、保険料の節約をしている方にはぜひとも試していただきたいサイトです。静かに集中して話ができるのと、保険というとどうしても「セールス」されるという気持ちが先に来てしまうのですが、その辺の心配は話をしているうちになくなり、安心して話を聞いていただけました。保険のビュッフェさんは、保険相談をして下さる方全員がFP資格を持っています。全員がFP資格保持をしている、というのは実はとても珍しかったりします。目先ではなくトータルでどちらが得なのか、という視点に立った話の流れだったので、とてもわかりやすく自分自身の頭の整理もできたと思いますし、ガツガツ来られるのではないかと、ちょっと身構えているところもあったのですが、それもなく冷静にちょっと引いたところから、保険相談に乗っていただいたと思っています。今回いろいろなきっかけがあって、保険相談を利用することになったのですが、間にしっかりした第三者を入れることで、当事者だけの話の中では出てこないようなことも発見できたりして、とてもいい機会になっていると思いました。 保険のビュッフェを選んだ理由は、全てのアドバイザーがFP資格を持っていることと、ファイナンシャルプランナーの平均経験年数が7.4年と非常に長いこと、MDRTという世界的に評価の高い資格を3人に1人が取得しているところです。...

Posted at 09/07/05 Trackback(0)»

簡単に保険の見直しがしたい方

保険の見直しはしたいけど、とりあえず自分の保険はどんなものだろう?と簡単に保険の見直しができればいいな、と思っている方は多いと思います。 最近は、駅前や銀行の中、大型スーパーの中に保険ショップが入っていることが多いので、お買い物の途中や通勤の中で見かけたことがある方もいらっしゃるかと思います。お買い物ついでに利用できますし、オープンスペースなので、気軽にでもしっかり相談ができるのが「来店型」のようなこちらから相談に行くタイプのショップはお勧めです。旅行会社の代理店のような感じで自由に利用できるスペースです。更に、最近ではキッズスペースをが完備している会社もあるので、お子様連れでも安心です。【FPと保険無料相談する方法】 お買い物のついでに相談 自宅や指定場所で訪問相談 店舗に出かけて相談 訪問相談 ◎保険見直しサイトを一括比較する FPによる保険相談は「無理な勧誘をしない」というのは相談者からしたら絶対的な条件ですが、この点はいずれのサイトでも「無理な勧誘はしない」と記載されていますし、万が一相談者が不愉快な思いをしたケースなどは、担当者を変更することもできますし、保険相談そのものを途中でストップすることができます。 店舗に出かけての相談、そして面談式の保険相談、どちらでも利用しやすい方を選ばれるといいと思います。 資料を提示してもらいながらの相談方法の方が、より相談者も理解しやすいと思いますので一番効果的なのは、店舗に出かけての相談店舗に出かけてそちらでの相談か、自宅や指定の場所で面談式の保険相談がおススメです。 よりじっくり見直すには店舗に出かけてそちらでの相談、面談式の保険相談のいずれかが効果的だと思います。 何しろ「保険は家の次に高い買い物」、と言われるように保険が家計で占める割合はとても大きく、しかも長期にわたって保険料を支払うことが多いので、きっかけはどうであれ保険の見直しをしてくれるファイナンシャルプランナーの存在は大きいと思います。 新しくがん保険に入りたい場合や、数多くある医療保険を自分一人で判断するのはとても大変です。FPを上手に利用しましょう。 【保険に関するこんな悩み】○「今入っている保険料が高い」○「子供が生まれたので保険を見直したい」○「加入中の保険の更新時期が迫ってきたので相談したい」○「まだ保険に入っていないが、これから保険に入りたい」○「保険会社の営業員から勧められたまま保険に入った」このように感じている方はファイナンシャルプランナーによる無料の保険相談がおススメです。FPと実際に面談して相談する流れはこちら。 【無料保険相談の流れ】 1.ネットで申し込みをします・ご自分の都合のよい日程で予約。 2.相談日の決定・メールか電話で保険相談日のお知らせがあります。 3.FPと保険の見直し相談をスタート・電話で保険相談をします。FPが保険に対する考え方やライフプラン設計に必要な情報を聞き、FPによる見直しやアドバイスをします。・希望者には生命保険の提案があります。(希望しなければ断って下さい) 【おススメ!来店タイプ保険ショップ】 FP(ファイナンシャルプランナー)による保険の見直し(無料)が受けられます。 来店型のショップスタイルの保険相談は人気ですが、最近は沢山展開していて、どこのショップを選べばいいか、まずはそこから迷ってしまう方もあるかと思いますが、実はそのショップ選びから保険選びは始まっているといっても過言ではありません。 来店型保険ショップを一括比較、相談予約も簡単にできるのが、保険のプロに無料で相談【LIFULL保険相談】や【ほけんの相談Ch】。 保険相談の内容ももちろん大事ですが、他にもキッズルームの有無だとか、自動車での行きやすさなど、比較が簡単にできるのでお勧めです。 保険のプロに無料で相談【LIFULL保険相談】 FP(ファイナンシャルプランナー)などによる保険の見直し(無料)が全国どこでも受けらるサービスです。色々な保険相談のできるショップがすぐに見つかるとともに、キッズルームの有無なども簡単に確認することができるのでお勧めのサイトです。 【ほけんの相談Ch】 FP(ファイナンシャルプランナー)などによる保険の見直し(無料)が全国どこでも受けられます。来店相談は順次ショップも増えていますので、お近くの保険相談サービスを探してみてください。 お買い物の際などに気軽に立ち寄れる来店型の保険相談ショップは、今は色々なところで見かけるようになりました。 ほけんの相談Chは全国の保険ショップを検索・予約ができるポータルサイトです。色々な保険ショップから、ご自宅や職場に近いところ、行ってみたい保険ショップが簡単に探せるので便利です。いずれの会社も、無理な勧誘相談等はしません。その旨をホームページ等にも記載していますので安心して相談してみてください。保険料の節約、適切な保障をつけましょう。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【来店型で相談できる保険サービス】 来店型保険ショップ 【ほけん百花】・・・2015年度のオリコン顧客満足度ナンバー1(来店型保険ショップ部門)。数ある来店型の保険ショップの中で、顧客満足度第一位です。新店舗も続々とオープンしています。...

Posted at 09/07/05 Trackback(0)»

生命保険控除とは?

生命保険料は会社員の方は年末調整、自営業の方は確定申告で保険料が控除になります。年末に届く控除証明書は必ず保管しておきましょう。失くした場合は再発行してもらえますので保険会社に連絡してください。 ■税金の負担が軽くなる生命保険料控除 ・一般の生命保険料控除と個人年金保険料控除の2つがあります。それぞれ払い込んだ保険料の一定額がその都市の所得控除の対象となって、所得税と住民税の負担が減税されます。対象となる保険の範囲■一般の生命保険料・・・保険金の受取人が契約者かあるいは配偶者、その他の親族(6新党以内の血族と3親等以内の姻族)である保険の保険料。財形や保険期間が5年以内の貯蓄保険、団体信用生命保険などは対象外。■個人年金保険・・・次の全ての条件を満たし、「個人年金保険料税率適格特約」をつけた契約の保険料。・年金受取人が契約者またはその配偶者のいずれか。・年金受取人は被保険者と同一人であること。・保険料払い込み期間が10年以上であること。(一時払いは対象外)・年金の種類が確定年金や有期年金の場合、年金受け取り開始が60歳以降で、かつ年金受け取り期間が10年以上であること。生命保険料控除の手続き■会社員の場合・・・生命保険会社の発行する「生命保険料控除証明書」を「給与所得者の保険料控除等申告書」に添付して、勤務先に提出して年末調整で控除を受ける■自営業者の場合・・・翌年2月16日から3月15日までの所得税の確定申告において、「生命保険料控除証明書」が確定申告に添付。所得税の生命保険料控除 区分 年間払い済み保険料 控除される額 生命保険、個人年金の場合 25000円以下の場合 年間払い込み保険料全額 25000円を超え、50000円以下の場合 (年間払い込み保険料×1/2)+12500円 50000円を超え、100000円以下の場合 (年間払い込み保険料×1/4)+250000円 1000000円を超える場合 一律50000円住民税の生命保険料控除 区分 年間払い済み保険料 控除される額 生命保険、個人年金の場合 15000円以下の場合 年間払い込み保険料全額 15000円を超え、40000円以下の場合 (年間払い込み保険料×1/2)+7500円 40000円を超え、70000円以下の場合 (年間払い込み保険料×1/4)+17500円 70000円を超える場合 一律35000円...

Posted at 09/07/05 Trackback(0)»

お宝保険の扱いには気をつけよう

保険の見直しをするか、そのまま継続するかという判断の目安の一つとして、加入している保険が「お宝保険」かどうかをチェックしてみましょう。生命保険の各商品が、払い込み保険料よりも多い金額を、保険金、満期金、または解約返戻金として支払えるのは保険会社が予定利率による運用を約束しているからです。積み立て型の保険はもちろん、終身保険のような保険でも加入当時の利回りで支払う保険金を設定しています。この予定利率は90年頃をピークに、今はその頃の4分の1以下にまで下がっています。下の表のように90年頃の予定利率は6%、今は1.5%となっています。この90年代の保険がいわゆる「お宝保険」です。ご自分の加入している保険の予定利率はどの位なのかをチェックして、お宝保険かどうか見てみてください。お宝保険であればとりあえずキープしておき、ファイナンシャルプランナーに相談してみましょう。新しい提案もあるかもしれませんし、特約などをはずすことで保険料の削減もできるかもしれません。【保険の予定利率】 契約年 有配当 簡易保険 20年超 20年以下 10年以下 1985.4~1990.3 5.50% 6.00% 6.25% 6.00% 1990.4~1993.3 5.50% 5.50% 5.75% 5.75% 1993.4~1994.3 4.75% 5.75% 1994.4~1996.3 3.75% 3.75% 1996.4~1999.3 2.75% 2.75% 1999.4~2001.3 2.00% 2.00% 2001.4~2001.6 1.50% 2.00% 2001.7~ 1.50% 1.50%...

Posted at 09/07/05 Trackback(0)»

サラリーマンと自営業者の公的保障(死亡)の比較

【会社員と公務員、自営業の方では保障が違う】死亡した場合 会社員、公務員 自営業 【死亡した場合】・遺族基礎年金・遺族厚生年金・育英年金・中高齢寡婦加算【一時金】・死亡退職金・死亡見舞金・弔慰金 【死亡した場合入院した場合】・遺族基礎年金・死亡一時金(12万円~32万円) *子供の有無や年収によって、年金が受け取れるケース、受け取れないケースがありますのでこちらのページをご覧下さい。 【サラリーマンや公務員の死亡退職金は一時金の支給例】 ●死亡退職金は勤続年数により異なります●死亡見舞金は配偶者の有無、扶養者の人数に応じた金額であることが多いですが、500万円程度●弔慰金は10万円~50万円程度。●育英年金は、死亡した時に高校卒業以前の子供がいる場合には、月額2,3万円程度を高校卒業まで支給する企業もあります。死亡退職金などの一時金、育英年金などの長期に渡るものなど、企業によって内容は様々です。この内容をしっかり把握して保険金額に反映させることが保険料の節約の近道です。福利厚生のしおりなどでしっかりチェックして、足りない分を民間の保険でカバーしたり、保険の見直しをして保険金額を削減できます。このような保険金額などの根拠をはっきりさせることが、保険の節約になります。ただ保険料を減らすのではなく、「死亡退職金が○○○万円もらえるので、3000万円の保障をその分減らそう」などと削減が出来ると思います。詳しいことはファイナンシャルプランナーとの相談でOKですが、相談する側にも保険金額を減らせるような資料を用意しておくことで、よりしっかりしたプランを出してもらえると思います。特に死亡保障部分の削減はトータル支払額で数十万円から数百万円の保険料の削減が出来る可能性があるので、本気で保険料の節約に取り組みたい方は福利厚生などのしおりなどでチェックしてみてください。...

Posted at 09/07/05 Trackback(0)»

サラリーマンと自営業の「公的保障」(医療)比較

【会社員と公務員、自営業の方では保障が違う】入院した場合 会社員、公務員 自営業 【入院した場合】・高額療養費・付加給付(1ヶ月の自己負担額が2万円迄など)・差額ベッド代の一部負担金・その他企業に福利厚生の内容による【長期入院した場合】・傷病手当最長1年半、・長期入院お見舞い金 【入院した場合】・高額療養費 上の表は入院をした場合の社会保障です。特に会社員や公務員の方の場合、実は色々な福利厚生で手厚く守られています。会社員と公務員、自営業で共通しているのは「高額療養費」。これは、医療費が1ヶ月に100万円かかったとしても、実際の自己負担額は9万円弱というもの。(所得区分が【一般】の場合。)この高額療養費があるおかげでかなり助かりますよね。特に会社員や公務員の方の場合は付加給付(1ヶ月の自己負担額は2万円迄など)や差額ベッド代の一部を負担、更に長期入院になった場合は、「傷病手当」が最長で1年半、標準報酬日額の3分の2がもらえます。付加給付が充実している会社の場合、「医療費の自己負担額がどんなにかかったとしても最高2万円」とすると、そもそも医療保険に加入する必要はあるのでしょうか。会社員や公務員と比べると、付加給付や傷病手当がない自営業の方は少し厚めの保障を持っておく必要があるかもしれません。自分が仕事を休むことでどの位の影響があるかを考えて保険金額を考えましょう。入院をしたら即収入がなくなってしまうようなケースは日額1万円以上、また、例えば、入院して仕事を休んだとしても、奥様が別の収入減があるとか、その仕事を奥様だけの力でも続けられるというケースでは、それ程多くしなくてもよいと思われます。会社員や公務員の方は、まずはご自分の会社の福利厚生を調べましょう。インターネットで公開している健保組合もありますので「○○会社 付加給付」などでヒットすれば、プリントアウトしておきましょう。また、「福利厚生のしおり」などでチェックすることもおススメです。その上で足りない分があれば保険を検討しましょう。一般的に会社員、公務員の方よりは自営業をされている方のほうが、入院をしたリスクは高めなので保障はしっかり考えておく必要があります。でも、高額療養費をベースに保険を考慮することで保険料はかなり抑えられると思います。また、仕事を休んだとしても収入に変化がないという場合もあると思いますので、詳しくはファイナンシャルプランナーに相談してください。...

Posted at 09/07/05 Trackback(0)»

特約をはずしてシンプルに

終身保険や個人年金保険などに付加する「医療特約」。単体の医療保険とどこが違うのでしょうか? 入院給付金や手術給付金が受け取れる点では、特約も単体の医療保険も変わりはありません。管理がしやすい点でも特約にしていれば便利という考えもありますが、主契約の死亡保障の必要性がなくなった場合でも、特約だけを残しておくことが出来ません。健康状態が悪いと保険の新規加入は難しいので、本来であれば不要な死亡保障をつけながら特約を生かさなければならないケースもあります。また、「夫婦特約」にしているケースでは契約者が亡くなって、死亡保険金が支払われた時点で特約も消滅してしまいます。ですので、「特約」ではなく単独でそれぞれが加入した方がよいと思います。 また、民間の医療保険の場合、「公的医療保険」、「公的年金」とダブっている場合もあるので、何でもかんでも心配だから特約をつけるのは保険料のムダです。近年、保険金の未払いなどが報道されていますが、原因のひとつに「特約」があります。シンプルな保険にしておくことで、加入している私達もわかりやすくなります。どうしても特約をつけたいなら、それは単体の保険にしましょう。また、特約をつける時は「公的保障」とかぶらないようにしましょう。...

Posted at 09/07/05 Trackback(0)»

割引を使う(優良体割引、非喫煙者料率、高額割引)

保険商品によっては、保険金を支払う確立の少ない人に対して保険料を割り引くケースがあります。割引きが使える場合には積極的に申告しましょう。保険料が安くなります。■優良体(健康体)割引BMI(肥満度指数)血圧や尿検査などで基準を満たしている場合には、通常より安い保険料になります。■非喫煙者料率文字通り、タバコを吸わない方の保険料が安くなります。もともと喫煙者であった場合でも、過去1~2年に禁煙をしていれば適用されます。保険料の節約という観点からはもちろんですが、1日1箱(300円)を吸っていた場合、1ヶ月で9000円、1年間で約11万円もの節約になります。体のことを考えるとぜひ禁煙していただきたいな、と思います。m(_ _)m■高額割引制度高額の保険金を契約すると保険料が割安になる保険があります。 自動車保険も保障を細分化することで保険料を下げることができますが、保障はここからここまで!という範囲を狭めることで保険料が安くなります。      ...

Posted at 09/07/05 Trackback(0)»

ファイナンシャルプランナーを上手に利用する

保険の節約を効果的にするためには、プロのファイナンシャルプランナーへの相談アドバイスは欠かせません。 今現在保険会社は50数社存在しており、取り扱い商品は多岐に渡っています。自分で資料請求をした場合でも、なかなか一つを決めるのはとても大変なことだと思います。「プロのファイナンシャルプランナーに相談」、と書きましたが、独立型のどこにも所属していないファイナンシャルプランナーがおススメです。色々な会社の保険を提案できる立場にあるからです。こちらのサイトでご紹介しているのは、無料で相談ができるプロの独立FPのみです。なぜ無料で相談が可能かというと、各生命保険会社、パートナー代理店、パートナーFPよりコンサルタント手数料や資料請求手数料・広告掲載料を出るため、相談者からの保険相談は一切かからない仕組みとなっています。ですから、相談したら必ず契約をしなくてはいけないか、という心配は無用です。 そもそも私達は何かしらの「公的保険」には既に入っているわけですから、それでも足りない分を民間の保険で補完するという考えが現実的です。ベースは既にあるわけですし、病気やケガ以外の人生の色々なリスクに対応できるように「保険と貯蓄の両方で備える」ことが大事だと思います。 終身保険に加入しているつもりだったのに、見てもらったら実際には「終身部分はたったの10万円」、というお粗末な保険もあります。内容がわかって入っているのなら問題はありませんが、ちょっと背筋が寒くなる話ですよね。(^^;) 病気やケガに対する不安や心配、家族を思う気持ちから必要以上に保険に加入している方もいらっしゃるかもしれませんが、この機会にファイナンシャルプランナーの力を借りて保険を節約して、その浮いた分はしっかり貯蓄で備えていただきたいと思います。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ FP(ファイナンシャルプランナー)による保険の見直し(無料)が受けられます。 来店型のショップスタイルの保険相談は人気ですが、最近は沢山展開していて、どこのショップを選べばいいか、まずはそこから迷ってしまう方もあるかと思いますが、実はそのショップ選びから保険選びは始まっているといっても過言ではありません。 来店型保険ショップを一括比較、相談予約も簡単にできるのが、保険のプロに無料で相談【LIFULL保険相談】や【ほけんの相談Ch】。 保険相談の内容ももちろん大事ですが、他にもキッズルームの有無だとか、自動車での行きやすさなど、比較が簡単にできるのでお勧めです。 FP(ファイナンシャルプランナー)などによる保険の見直し(無料)が全国どこでも受けらるサービスです。色々な保険相談のできるショップがすぐに見つかるとともに、キッズルームの有無なども簡単に確認することができるのでお勧めのサイトです。 【ほけんの相談Ch】 FP(ファイナンシャルプランナー)などによる保険の見直し(無料)が全国どこでも受けられます。来店相談は順次ショップも増えていますので、お近くの保険相談サービスを探してみてください。 お買い物の際などに気軽に立ち寄れる来店型の保険相談ショップは、今は色々なところで見かけるようになりました。 ほけんの相談Chは全国の保険ショップを検索・予約ができるポータルサイトです。色々な保険ショップから、ご自宅や職場に近いところ、行ってみたい保険ショップが簡単に探せるので便利です。いずれの会社も、無理な勧誘相談等はしません。その旨をホームページ等にも記載していますので安心して相談してみてください。保険料の節約、適切な保障をつけましょう。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【来店型で相談できる保険サービス】 来店型保険ショップ 【ほけん百花】・・・2015年度のオリコン顧客満足度ナンバー1(来店型保険ショップ部門)。数ある来店型の保険ショップの中で、顧客満足度第一位です。新店舗も続々とオープンしています。...

Posted at 09/07/04 Trackback(0)»

保険金額を徐々に減らして節約

生命保険を考える中で、「必要補償額の算出」が必要になってきます。これは年齢や職業、家族構成、お子様の教育にどこまでお金をかけるかなどでそれぞれ変わってきます。 1 2 3 4 5 長女 中学 高校 大学 次女 小学校 中学 高校 大学 三女 幼稚園 小学校 中学 高校 大学 例えば、子供が3人いて全て大学まで行かせる予定の例です。数字はざっくりとした時間経過を示しています。長女が中学、次女が小学校、三女が幼稚園の時の【1】の時と、長女、次女が既に社会人になり、三女が大学の時の【5】を比較すると死亡保障は【1】の時代が一番手厚くしておく必要があり、【5】の時には三女の大学の費用がまかなえる位まで必要補償額を下げられます。必要補償額はお子様が成長するにつれ段々に少なくなる事がわかると思います。【1】~【5】まで必要補償額を段階的に少なく見積もることができる=保険金額を削減できるということになり、保険料を少なくしていく事が可能です。このように子供の成長によって学費の必要額や必要補償額は右肩下がりになっていくので、最初から最後までずーっと同じ保障額である必要はなく、その都度無駄なく保険金額を下げていく事ができます。 赤い部分が保険金額を削減できるポイントになります。上手に見直しをすれば保険料がかなり安くなります。FPなどを利用して見直しをしてみましょう。...

Posted at 09/07/04 Trackback(0)»

生命保険を安くするポイント

【保険の見直しで保険料が安くなる可能性のあるケース】○遺族年金を考慮してない○貯蓄を考慮してない○保険の内容がよくわからない○保険加入の後に妻が働き始めた既に生命保険(死亡保険)に加入されている方で、上記のようなことを考慮せずに保険金額を設定してしまった場合には、保険の見直しで保険料が安くなる可能性があります。生命保険(死亡保障)の場合も「公的年金制度」によって【遺族年金】、【障害年金】というベースがあります。年金というと老後の生活保障という印象がありますが、年金には「老齢基礎年金」「遺族年金」「障害年金」という3つの機能があります。この中の「遺族年金」がありますので、生命保険を設計する際にこの部分を差し引いておく必要があります。遺族年金を考えずに生命保険に加入した方は保険の見直しで保険料が安くなる可能性が高いです。民間の医療保険や生命保険に加入するにしても、一から準備する必要はなくこれらの公的保障をベースに、その他自分の貯蓄や企業からの保障などをプラスして、それでも足りない部分を民間の保険で準備するようにします。最初に民間の保険ありき、ではなく、最後の最後で登場するのが民間の保険です。このように考えれば保険料はきっと節約できると思います。またこれ以外にも、会社員や公務員は厚生年金から「遺族厚生年金」が受け取れます。この年金額は死亡した人の生前の給与で決まってきます。 この年金制度ですが、受給するためには年金を払っていなければ当然ですがもらえません。サラリーマンの方や公務員の方の場合は、天引きになっているので支払いもれの心配はありませんが、国民年金のみに加入している方は支払い忘れがないようにしておきましょう。「年金は払ってないけど民間の保険に入っている」という方は、ぜひ年金の加入をしてください。特に「遺族年金」や「障害年金」の中身を知れば知るほど、民間の保険よりも優れていることがわかります。【遺族年金の支払い要件】死亡日の前日において、死亡日の属する月の前々月迄の被保険者期間のうち3分の2以上が保険料納付済期間・保険料免除期間(学生納付特例の期間も含む)であること。...

Posted at 09/07/04 Trackback(0)»

保険選びは家電選びに似てる

保険選びは家電選びと似ていると思います。例えば冷蔵庫を買いたい場合には、【準備】○冷蔵庫の置き場のサイズを測る○大体の予算を決めておく○パンフレットを取り寄せたり、インターネットで色々な冷蔵庫を比較○電気屋さんのアドバイスや実際に使っている人の話を聞いて更に比較検討その後、【比較・検討】○新しい機能がついた最新の冷蔵庫に目が行ったが、使いこなす自信がないかも・・・○ちょっと高いけど節約効果の高いものがいい○冷凍庫ができるだけ大きい方がいい、野菜室は腰の位置が使いやすそう○同じような機能なら○○のメーカーがいいなどなど。検討から比較検討、購入に至るまで大体こんな感じではないかと思います。 最終的には値段、機能、デザイン、節約効果など色々な情報を総合的に判断して購入するのではないかと思います。 保険選びや保険の見直しもこういった家電選びに似てるのではないかと思います。同じような機能であれば値段の安いものを選びたいですし、使いこなせない機能ならシンプルものを選びたい、節電効果が高く長い目で見て得であれば、多少高いものも選択肢に入る、など。勧められるままに保険に入ることは、何も検討せずにいきなり買い物をしてしまうことに似ていると思います。まず、そういうことはなさらないでしょう。ましてや保険は月々は数千円から数万円の出費でも、トータルで考えると高額の買い物をしていることと同じです。しかし、準備や比較検討、そして的確なアドバイスなしに保険に加入されてる方は多いのではないでしょうか。 パンフレットだけ見て自分一人で比較、判断をするのえはなく、色々なアドバイスをもらえることで、より自分の家庭にあったものを購入できると思います。これがFP(ファイナンシャルプランナー)の役目です。既に加入している保険は、あなたの現状に本当にあっているか?、もし、そうでなければどういう選択が考えられるのか?そんなアドバイスをもらえるのがFP(ファイナンシャルプランナー)です。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ FP(ファイナンシャルプランナー)による保険の見直し(無料)が受けられます。 来店型のショップスタイルの保険相談は人気ですが、最近は沢山展開していて、どこのショップを選べばいいか、まずはそこから迷ってしまう方もあるかと思いますが、実はそのショップ選びから保険選びは始まっているといっても過言ではありません。 来店型保険ショップを一括比較、相談予約も簡単にできるのが、保険のプロに無料で相談【LIFULL保険相談】や【ほけんの相談Ch】。 保険相談の内容ももちろん大事ですが、他にもキッズルームの有無だとか、自動車での行きやすさなど、比較が簡単にできるのでお勧めです。 保険のプロに無料で相談【LIFULL保険相談】FP(ファイナンシャルプランナー)などによる保険の見直し(無料)が全国どこでも受けらるサービスです。色々な保険相談のできるショップがすぐに見つかるとともに、キッズルームの有無なども簡単に確認することができるのでお勧めのサイトです。 【ほけんの相談Ch】 FP(ファイナンシャルプランナー)などによる保険の見直し(無料)が全国どこでも受けられます。来店相談は順次ショップも増えていますので、お近くの保険相談サービスを探してみてください。 お買い物の際などに気軽に立ち寄れる来店型の保険相談ショップは、今は色々なところで見かけるようになりました。 ほけんの相談Chは全国の保険ショップを検索・予約ができるポータルサイトです。色々な保険ショップから、ご自宅や職場に近いところ、行ってみたい保険ショップが簡単に探せるので便利です。いずれの会社も、無理な勧誘相談等はしません。その旨をホームページ等にも記載していますので安心して相談してみてください。保険料の節約、適切な保障をつけましょう。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【来店型で相談できる保険サービス】 来店型保険ショップ 【ほけん百花】・・・2015年度のオリコン顧客満足度ナンバー1(来店型保険ショップ部門)。数ある来店型の保険ショップの中で、顧客満足度第一位です。新店舗も続々とオープンしています。...

Posted at 09/07/04 Trackback(0)»