ブログ: FP主婦の保険の節約と見直し(保険選び、保険ショップの活用方法、医療費節約) でタグ: 就職をした時 が指定されているエントリー

独身の方の保険

■独身の方の保険選びのポイント ・高額な死亡保障は必要なし(お葬式代+α500万円程度)・病気に備えて医療保障を検討する(サラリーマンや公務員は自分の会社からの保障も調べておく) 独身の方は扶養する家族もないので大きな死亡保険を用意する必要がありません。若い時期の独身の方の場合は、お葬式代+αで死亡保険は500万円前後を目安にしてはいかがでしょうか? また、独身で働き続けている方も、基本的には扶養する人がいない限りはお葬式+αが目安になりますが、親に仕送りをしている場合などは、仕送りの金額×年数を死亡保険金として上乗せして確保しておかれてはいかがでしょうか。 独身の方が保険で重要なのは、死亡保険よりも医療保険です。公的医療保険制度には「高額療養費制度」があるので、医療費が100万円かかったとしても実際の自己負担額は月額8万円程度が上限となっています。(差額ベッド代や食事代は含まず) サラリーマンや公務員の方は付加給付、傷病手当金や福利厚生で更に給付があるところが多いので、民間の保険で準備するのは日額5000円~1万円程度の保障で一般的な治療に関してはカバーできると思います。 自営業やフリーランスの方は、サラリーマンのような付加給付や長期の療養で受け取れる傷病手当などがないので、この点ではしっかり保険でカバーする必要があります。入院日額1万円程度が目安になると思います。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ FP(ファイナンシャルプランナー)による保険の見直し(無料)が受けられます。来店相談は順次ショップも増えていますので、お近くの保険相談サービスを探してみてください。ご自宅でじっくり保険相談を受けたい方は訪問型がおススメ。 駅の近くや大型スーパーの中などに店舗のある、ほけんの窓口や保険見直し本舗などの相談者が行って相談するタイプの「来店型」のショップは人気です。色々な保険会社の保険商品を取り扱えるので、相談者に合ったいいとこ取りの保険の提案がしてもらえます。 最近は、来店型の保険ショップが沢山展開していて、どこのショップを選べばいいか、そこから保険選びは始まっています。来店型保険ショップを一括比較、相談予約も簡単にできるのが、保険のプロに無料で相談【Lifullほけん相談】や【ほけんの相談Ch】。 保険相談の内容ももちろん大事ですが、他にもキッズルームの有無だとか、自動車での行きやすさなど、比較が簡単にできるのでお勧めです。 保険のプロに無料で相談【Lifullほけん相談】FP(ファイナンシャルプランナー)などによる保険の見直し(無料)が全国どこでも受けらるサービスです。色々な保険相談のできるショップがすぐに見つかるとともに、キッズルームの有無なども簡単に確認することができるのでお勧めのサイトです。 【ほけんの相談Ch】 FP(ファイナンシャルプランナー)などによる保険の見直し(無料)が全国どこでも受けられます。来店相談は順次ショップも増えていますので、お近くの保険相談サービスを探してみてください。 お買い物の際などに気軽に立ち寄れる来店型の保険相談ショップは、今は色々なところで見かけるようになりました。 ほけんの相談Chは全国の保険ショップを検索・予約ができるポータルサイトです。色々な保険ショップから、ご自宅や職場に近いところ、行ってみたい保険ショップが簡単に探せるので便利です。いずれの会社も、無理な勧誘相談等はしません。その旨をホームページ等にも記載していますので安心して相談してみてください。保険料の節約、適切な保障をつけましょう。...

Posted at 09/08/03 Trackback(0)»

親が保険をかけてくれていた場合

■親が保険をかけてくれていた場合のポイント ・古くからかけてくれていた場合、お宝保険の可能性があるので解約をする際は(もったいないので)注意をしましょう。 ・お付き合いで入ってくれていた場合は、保険金額が多いこともあるので見直しでしっかり保険料を抑えましょう。 ご両親が子供のために、保険に加入してくれていることがあります。ありがたいことですよね。 この保険、そのまま引き継ぐか検討したいと思います。 ■死亡保障や医療保障が大きすぎないか? 扶養者がいない段階で何千万円もの保障は必要はありません。減額するか、解約して新しく加入し直す事を視野に入れましょう。 ■「定期保険特約付終身保険」。 国内の大手生命保険会社がかつて大量販売していた保険。メインの終身保険は少額で比較的高額な掛け捨ての定期保険特約がついているケースが多いです。 社会人の場合には高額の保障が必要かの検討と、定期保険特約付終身保険については思い違いをしていることが多いので中身の確認は必ずしましょう。 定期保険特約付終身保険が問題なのは、保険加入者が充分に保険の中身を理解してない部分です。 ・例えば、3000万円の終身保険に入ったつもりだったのに、終身部分はわずか200万円。残りの2800万円は特約のため、10年ごとに見直しされるため保険料が高くなります。 ・更新時に保険料がアップすることはわかっていたけど、加入した時には「更新の時に考えればいいや」という感じでとりあえず入ってしまったような場合。更新時の保険料アップは約2倍。実際その時が来ると初めて保険料の多さに気づくものです。 ■ご両親が何となくお付き合いで入っているような保険。 親御さんが保険に入っていて、その付き合いで保険に入っているような場合。高額保障の場合があるので見直しが必要です。 【おススメの保険の見直しサイト】 FP(ファイナンシャルプランナー)による保険の見直し(無料)が受けられます。来店相談は順次ショップも増えていますので、お近くの保険相談サービスを探してみてください。ご自宅でじっくり保険相談を受けたい方は訪問型がおススメ。 駅の近くや大型スーパーの中などに店舗のある、ほけんの窓口や保険見直し本舗などの相談者が行って相談するタイプの「来店型」のショップは人気です。色々な保険会社の保険商品を取り扱えるので、相談者に合ったいいとこ取りの保険の提案がしてもらえます。 最近は、来店型の保険ショップが沢山展開していて、どこのショップを選べばいいか、そこから保険選びは始まっています。来店型保険ショップを一括比較、相談予約も簡単にできるのが、保険のプロに無料で相談【Lifullほけん相談】や【ほけんの相談Ch】。 保険相談の内容ももちろん大事ですが、他にもキッズルームの有無だとか、自動車での行きやすさなど、比較が簡単にできるのでお勧めです。 保険のプロに無料で相談【Lifullほけん相談】FP(ファイナンシャルプランナー)などによる保険の見直し(無料)が全国どこでも受けらるサービスです。色々な保険相談のできるショップがすぐに見つかるとともに、キッズルームの有無なども簡単に確認することができるのでお勧めのサイトです。 【ほけんの相談Ch】 FP(ファイナンシャルプランナー)などによる保険の見直し(無料)が全国どこでも受けられます。来店相談は順次ショップも増えていますので、お近くの保険相談サービスを探してみてください。 お買い物の際などに気軽に立ち寄れる来店型の保険相談ショップは、今は色々なところで見かけるようになりました。 ほけんの相談Chは全国の保険ショップを検索・予約ができるポータルサイトです。色々な保険ショップから、ご自宅や職場に近いところ、行ってみたい保険ショップが簡単に探せるので便利です。いずれの会社も、無理な勧誘相談等はしません。その旨をホームページ等にも記載していますので安心して相談してみてください。保険料の節約、適切な保障をつけましょう。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【来店型で相談できる保険サービス】 来店型保険ショップ 【ほけん百花】・・・2015年度のオリコン顧客満足度ナンバー1(来店型保険ショップ部門)。数ある来店型の保険ショップの中で、顧客満足度第一位です。新店舗も続々とオープンしています。...

Posted at 09/07/25 Trackback(0)»

就職した時の保険選び

■就職をした時の保険選びのポイント ・高額な死亡保障は必要なし(お葬式代+α 500万円程度)・病気に備えて医療保障を検討する(サラリーマンや公務員は自分の会社からの保障も調べておく) ・保険の勧誘の多い時期だと思うので、勧められるままには入らない!^^ 自分で給料ももらえるようになり、「就職したら保険にでも入らなければ」と考え始める時期かもしれません。私も知り合いの知り合いから(^^;) 、中身をよく理解しないまま、社会人一年生で保険に加入をしました。 特にこの頃は、内容がわからないために高額の保険に入ってしまいがち。一番気をつけなくてはいけない時期です。会社の福利厚生や付加給付などが充実していて、まだ自分が亡くなって金銭的に困る人がいないのであれば、保険よりもむしろ貯蓄でしっかり備えたい時期でもあります。 【参考・・・サラリーマンは「付加給付」を調べよう】 サラリーマンやOLの方の公的保障はとても充実しています。独身の場合で特に扶養する必要がない場合は、基本的には会社の保障だけでもOKです。この時期は保険よりは、しっかり貯金の習慣をつけておく方が大事ではないかと思います。(自営業者、フリーランスの方はしっかり保険も加入しておきましょう) 死亡保障と医療保障に分けて考えてみたいと思います。 【死亡保険】 死亡保険を考える目安は「自分が死んだら金銭的に困る人」がいるかいないか?です。基本的には結婚するまでは大きな保障は必要ありません。 もう、この時点で保険の見直しをした方がいい方もいるかもしれません。 扶養する家族もいないのに高額の保障は必要でしょうか。でも、若い時に保険に入ると保険料は安いので、将来結婚することを考えて、最低限の死亡保障を買っておく、というのも一つの考えかもしれません。 【医療保険】 病気やケガで入院した時のための保険です。会社員の場合は入院費や治療費の大半は健康保険から支払われます。高額療養費制度があるので自己負担額は 一ヶ月の総医療費が100万円かかり、一般的な収入が一般低な方の場合の自己負担額は 80,100円+(総医療費100万円-267、000円)×1%=87,430円 (ちなみに200万円の医療費の場合でも、97,430円の自己負担です。) 更に健保組合によっては「自己負担額は2万円まで」とか「2万5000円まで」といった付加給付をしているところがあります。ぜひご自分の健康保険組合の付加給付や福利厚生の内容を調べてみてくださいね。これが一番保険を節約する近道です。 これに、差額ベッド代や食事代(1日3食780円)、雑貨代などを用意する必要があります。 差額ベッド代は病院によっても違い、約3000円~数万円などと様々な金額設定になっています。大部屋ではこの料金は発生しませんが、若いので大部屋で充分と思えば、貯蓄が10万円でもあれば医療保険は必要ないという選択もあるかもしれません。 静かに個室で過ごしたいという希望があれば、入院日額5000円程度を目安に考えてもいいと思います。 健保組合によっては差額ベッド代、食事代についても保障してくれるところがあります。だから、健保組合がしっかりしているところに勤めているケースでは、殆ど医療保険は入らなくてもOK!という選択もあります。 逆に病気になってからでは医療保険に入れないので、終身医療保険を最低の金額で加入しておくという選択もあります。 一方で、自営業で自分が働かないと収入がストップしてしまう場合や健保組合からの給付がそれ程期待できない場合、差額ベッド代を払っても静かな個室を選びたい場合には、日額5000円~1万円程度の医療保険を検討してもいいと思います。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【おススメの保険の見直しサイト】 FP(ファイナンシャルプランナー)による保険の見直し(無料)が全国どこでも受けられます。 来店相談は順次ショップも増えていますので、お近くの保険相談サービスを探してみてください。ご自宅でじっくり保険相談を受けたい方は訪問型がおススメ。 駅の近くや大型スーパーの中などに店舗のある、ほけんの窓口や保険見直し本舗などの相談者が行って相談するタイプの「来店型」のショップは人気です。色々な保険会社の保険商品を取り扱えるので、相談者に合ったいいとこ取りの保険の提案がしてもらえます。 最近は、来店型の保険ショップが沢山展開していて、どこのショップを選べばいいか、そこから保険選びは始まっています。来店型保険ショップを一括比較、相談予約も簡単にできるのが、保険のプロに無料で相談【Lifullほけん相談】や【ほけんの相談Ch】。 保険相談の内容ももちろん大事ですが、他にもキッズルームの有無だとか、自動車での行きやすさなど、比較が簡単にできるのでお勧めです。 保険のプロに無料で相談【Lifullほけん相談】FP(ファイナンシャルプランナー)などによる保険の見直し(無料)が全国どこでも受けらるサービスです。色々な保険相談のできるショップがすぐに見つかるとともに、キッズルームの有無なども簡単に確認することができるのでお勧めのサイトです。 【ほけんの相談Ch】 FP(ファイナンシャルプランナー)などによる保険の見直し(無料)が全国どこでも受けられます。来店相談は順次ショップも増えていますので、お近くの保険相談サービスを探してみてください。 お買い物の際などに気軽に立ち寄れる来店型の保険相談ショップは、今は色々なところで見かけるようになりました。 ほけんの相談Chは全国の保険ショップを検索・予約ができるポータルサイトです。色々な保険ショップから、ご自宅や職場に近いところ、行ってみたい保険ショップが簡単に探せるので便利です。いずれの会社も、無理な勧誘相談等はしません。その旨をホームページ等にも記載していますので安心して相談してみてください。保険料の節約、適切な保障をつけましょう。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【来店型で相談できる保険サービス】...

Posted at 09/07/25 Trackback(0)»