ranking01-3001.gif保険の見直しで節約・・・保険ビュッフェ保険クリニックほけんの窓口

ranking01-3001.gifFPが選ぶ保険・・・こどもの教育費用投信ミニ積み立てセゾン投信のカンガルーぽけっと

ranking01-3001.gif自動車保険を安く インズウェブは見積もりでクオカード全プレ!

ranking01-3001.gif美容と健康対策・・・サプリメントお試しセットを上手に利用してアンチエイジング

クレジットカードで保険料を払ってポイントためる

2009年7月26日 Trackback(0)

生命保険などの保険料の支払い方法には、通常口座振替とクレジットカード払いがあります。

口座振替でもクレジットカードを選んでも保険料に変わりはありませんが、でも、クレジットカード払いのほうが色々利点があります。

【新しく契約する場合】
■口座振替より、クレジットカードでの支払いをしたほうが保障が早く始まる。

・口座振替の場合・・・第1回保険料の振替日から保険が開始

・クレジットカードの場合・・・保険会社がクレジットカードの有効性などの確認をした時、または【告知】のいずれか遅い時より保障が開始される。

保険契約は申し込みから責任開始日までタイムラグがあるのですが、クレジットカードのほうがそれが短くなります。

口座振替の場合は早くても申し込み日の翌月末(アリコの場合には27日)になり、クレジットカードの場合には、例えば決済日が10日のクレジットカードを指定した場合、その時点で有効性が確認されれば10日から保障が開始になります。

保険証券に記載される契約日は翌月の1日からですが、保障はクレジットカードの有効性が確認された日から始まることになります。口座振替の場合には月末に保険料の引き落としが確認されてから、ということになりますのでこのケースの場合約2週間ほどは保障が早まるということになります。

■簡単手続き

・口座振替・・・金融機関届け印押印→銀行が確認してから

・クレジットカード・・・クレジットカードの番号と自筆によるサインのみでOK。

口座振替の場合、印鑑が不一致だったり上手く押印できておらず銀行から返送されてしまうケースも考えられますがクレジットカードではその心配はありません。

【新しく加入する方も、今まで口座振替だった方にも】

クレジットカード払いではポイントが貯まるカード会社がありますよね。カードの利用額に応じてポイントが付与されます。毎月、毎年のことですから確実なポイント源になります。

保険料をクレジットカード払いにするとカード会社のポイントやマイルがたまるので、ただ銀行から引き落としになるのと比べてお得です。保険料以外でも、電気料金やガス料金などの公共料金の支払いなどもクレジットカードを使うことで、ポイントがたまるのでこちらもカード払いにした方が得になります。



ネットでのお買い物も公共料金のお支払も楽天カード!



関連記事一覧

トラックバックURL

http://fpsyufu.com/mt6/mt-tb.cgi/164

トラックバック大歓迎です。
但し、当ブログへのリンクが存在しない、および関連性の無いトラックバックにつきましては
受け付けかねますので、ご了承ください。

↑ページ先頭へ / トップページへ >>